うめ*モモ*桜 mokotoko.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

花とわんことhandmade


by ume-no_ivory
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お墓参りと小石原民陶むら祭 ~後編~


小石原民陶むら祭は、ゴールデンウィークと10月の年二回行われます。
今回は、お墓参りの足を少し延ばして、最終日11日に行ってきました。

甘木から秋月経由で行く道が一般的ですが、この時期混雑することがあります。
少し遠回りですが、杷木ICから52号線、211号線経由で行くと、
山道も渋滞も少なく行くことができます。

このルートで行くと、まずは鶴見窯に。
大人気の窯元だけあって、最終日あまり作品が残っていなくて買うのを断念。

次は、いつも寄っている太田哲三窯
ここは、8月に秋月の吹きガラスを買いに行った作家さんのお父様の窯です。
b0128589_1202813.jpg
小皿1枚・中皿2枚を購入しました。
えっ。。。柄も大きさもバラバラじゃないかって???
もちろん揃いで買いたかったのですが、最終日、もう数が揃わなかったのです。
太田哲三窯は、小石原焼きにしては少しお値段高め。
こうやって、好きなお皿を少しずつ少しずつ買っていって、
いつのまにか、少しずつ揃っていく、そんな買い方も楽しいです。

他にも本当にたくさんの窯元がありますが、いろいろ回っていると
体力もお財布も力尽きてしまうので、目的の2つの窯を覗いたらサッサと帰ります。

小石原を後にする最後の場所に、協同展示場があり、これまで寄ったことなかったのに、
ちょっと立ち寄ることにしました。

b0128589_1292994.jpg
ジャジャ~~ン!
何と、鶴見窯の作品も置いてありました。
ここは穴場です。 窯元では売り切れていた器もまだまだたくさんあったんです。
夫用のご飯茶碗(もしかしたら小さめの丼椀かも)と、小皿を買いました。
このドットのようなトビガンナの入れ方が、鶴見窯の特徴です。
b0128589_12141728.jpg
これまで夫のご飯は、太田窯で買った少し大きめの茶碗(右側)に、大盛りでした。
これからは、余裕を持ってよそうことが出来ます。
食欲の秋、食べ過ぎないように注意注意。

b0128589_12171969.jpg
小石原を後にして、前々から気になっていたお豆腐屋さんへ。
b0128589_12183925.jpg
ごま豆腐。
普通のごま豆腐とはちがって、ザル豆腐にすりごまがたっぷり。
b0128589_12203553.jpg
豆腐ドーナツも。

ちょっとかわった豆腐が多くて、また寄ってみたいお店でした。

この日の一日のお遊び予算は、1万円。
ちょっぴり残っていたので、高速降りて帰り道にあるケーキショップ『OPERA』で、
大好きな純生ロールを買って、予算達成!
[PR]
トラックバックURL : http://mokotoko.exblog.jp/tb/14202404
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by manapy5 at 2010-10-14 07:51
九州には有名な窯元がたくさんあって・・・器好きにはたまりませんね~
窯元めぐりって楽しいでしょうね・・・実は未経験なのです。。
九州の焼き物祭りには行きたい気持ち満々なんですよ~☆

小石原焼きは初めて知りましたが・・・温もりのある素敵な焼き物ですねっ☆
好きな器に盛るお料理はおいしさも倍増ですし、気に入って買ったものは大切にしますし。。ね☆
Commented by ume-no_ivory at 2010-10-15 09:33
manapy5さん♪
 本当にたくさんの窯元があって、遊びに行くのが楽しいです。
 manapy5さん御用達の窯元も、車で一時間半くらいで行けるんですよ。

 小石原焼とその近くの小鹿田焼(おんたやき)は、最近ちょっとしたブームに
 なってるのか、窯元さんが地元よりも関東のほうが売れてるって
 おっしゃってました。
 素朴で安くてガンガン使えるところが、普段使いにはピッタリです。
 manapy5さんのお料理とはちょっと趣がちがうのが。。。。残念です。
 器さっそく使ってますが、見るたびにウフフ~ってなっちゃいます。 
Commented by happy-remi at 2010-10-15 10:02
おはようございます~。
こちらの記事、じっくりリンク先まで見させていただきました。(^-^)
いいな~、小石原焼!
毎年少しずつ買って、だんだん揃っていくのって、良いですね♪
いつも引越しばかりで、その場で買わないと二度とめぐり合えないような気がして、
そんな買い物ばかりしてきたので、じっくり腰をすえたお買い物って憧れます。
鶴見窯の飛び鉋、初めて見ました。珍しいですね。
これ単品でみたら、小石原焼とは分からないかもしれません。
ご主人、丼のようなお茶碗で、美味しい新米をもりもり食べられますね~。(^o^)
私、以前の縞模様のお茶碗の感じが好きです~♪
Commented by ume-no_ivory at 2010-10-15 23:57
happy-remiさん♪
 じっくり見ていただき、ありがとうございました~。
 remiさんのように、いろんな場所でめぐり合った物を、
 センスよく揃えていくのに憧れますが、なんせ私は福岡から離れたことないので、
 それならやっぱり、故郷の焼き物を大切に使うしかないなぁと思って、
 少しずつ小石原を集めるようになったんです。
 ドットとびがんなは、最近の『小石原ポタリー』でも使われているし、
 人気があるのか、今年の民陶祭では他の窯でも見かけました。

 少し体重を気にしてる夫ですが、自分からこの丼を選んできたので、
 やっぱりご飯をもりもり食べたいんでしょうね(笑)。
by ume-no_ivory | 2010-10-13 12:36 | おでかけ | Trackback | Comments(4)