うめ*モモ*桜 mokotoko.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

花とわんことhandmade


by ume-no_ivory
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

クローバー会


b0128589_2023536.jpg
九州大学病院がんセンターの『クローバー会』に初参加してきました。
がん患者とその家族対象の講義が、昨年10月から今月まで、
毎月一回開催されています。
ume夫はあまり人混みには行かないほうが良いので、家でお留守番です。

今回の内容は、「患者・家族を支える様々な制度」ということで、
健康保険の高額療養費制度と、確定申告の医療費控除のお話でした。
その制度については、すでに利用させていただいていますが、
詳しい内容を再確認できてよかったです。

b0128589_2038858.jpg
がんセンターではこんなバッジも作成されていました。
通院や外出で公共の交通機関を使う時など、辛いことがあっても
席を譲ってもらえにくいという患者さんの声を反映されたものだそうです。
とってもいいアイデアですね~。
でも、これをつけて電車やバスに乗れるかどうか。。。
つけていても果たして気づいてもらえるか。。。
現実問題としては少し難しいような気もします。


そして何よりも今日のお出かけは。。。
数年前に白血病を克服された方、現在ご家族が闘病中の方とご一緒させていただき、
身内や友達とも違う、何も語らなくても分かり合えるような不思議な安堵感を
もらって帰ってきました。
お二人とも、今の状況をしっかりと見極めながらとても前向きで、
他の方にもご自分の経験を話したり、的確なアドバイスをされたり、
とてもパワフルで素敵な方たちです。

大変なことも山ほどあるけど、良い出会いもたくさんいただいています。
[PR]
トラックバックURL : http://mokotoko.exblog.jp/tb/22300280
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ゆっき at 2014-03-21 12:44 x
>身内や友達とも違う、何も語らなくても分かり合えるよ
>うな不思議な安堵感を
>もらって帰ってきました。

この気持ち、すごく良く分かります。
友達や家族も勿論よき理解者ですが、同じ病気と闘ったり、克服された方とは一言発した時の共感の度合いが違うような気がします。
同情とも違う、そんな感じがすると思います。
私も今、そういう会に参加してみようかなって思っています。
後遺症のこととか、これからのこととか自分で考えるのも大事だけど、どなたかの真似をしたり、参考にしたりすることの方が気が楽なこともあるし、不要に不安にならずにすむこともあるかなぁと。

バッヂは、着けるの勇気が要りそうですね。
でも、バスや電車でつらくて座っていてお年寄りに譲りたくても譲れないとき、すごく申し訳ないというかバツが悪いことあります…汗。
Commented by ume-no_ivory at 2014-03-21 17:46
ゆっきさん。
 今、私はゆっきさんのブログでも同じような気持ちをいただいています。
 自分の気持ちが整理できてない時とか、ゆっきさんの言葉を見て
 自分で気づいていない気持ちを再確認できたり。。。

 患者会は、いろんなところでいろんな会が開催されていますよね。
 自分にあったところを見つけられたらいいですね。
 
 バスの中で、私も『今日はとっても疲れてます!』ってプラカード
 下げていたいと思ったことがあります(笑)。
 
Commented at 2014-03-22 21:33
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ume-no_ivory at 2014-03-23 11:07
鍵コメさん。
 そうですか~、やはり大変だったのですね。
 特に見た目が若いだけで、なぜ譲らないのか。。。みたいな視線
 感じるときありますよね。
 
 このバッジを作られた方も、どんなニーズがあるか知りたいという感じでしたので、
 いろんな方の実体験など聞いて、報告出来たらいいなと思いました。
by ume-no_ivory | 2014-03-20 20:51 | 闘病日記 | Trackback | Comments(4)