うめ*モモ*桜 mokotoko.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

花とわんことhandmade


by ume-no_ivory
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

モモちゃんチョコちゃん ありがとう☆


b0128589_17365752.jpg

今月21日、チョコの四十九日を迎えました。
2人ともいなくなってから、ブログの『わんこ』カテゴリーの記事が
増えないのが寂しい気がします。

去年6月にモモが虹の橋を渡ったあと、ume夫と今後の事を話し合っていて、
チョコもいなくなったら、2人一緒にお墓を作ってあげようと思っていました。

戸建てならば庭にというところでしょうが、マンションなので、
それは無理です。
実家には庭がありますが、年に数回は帰っていたけれど、
モモとチョコにとってはいまひとつ馴染みのある土地ではないのが
気になります。
葬儀を行っていただいた斎場にも納骨堂があり、資料もいただいていました
が、まったく知らない場所にというのは、なおさら抵抗がありました。


そこで。。。。我が家の『命の花プロジェクト』がはじまりました。

☆命の花プロジェクト☆
  青森県十和田市の三本木農業高校、愛玩動物研究科の学生たちが
  犬や猫が殺処分された後に残る遺骨は廃棄物として捨てられていることを
  知り、骨を土に混ぜ、花を咲かせるというプロジェクトを考え付いた。
  花を多くの人に届けることで、殺処分のことを広めることができる。
  ごみになって終わるのではなく、植物になってもう一度生まれ変わることが
  できる、と。
 
このプロジェクトには賛否両論あったようですが、モモとチョコという
老犬を抱えながら、ume夫の大変な闘病生活を耐えた私達は、
こうやって命がつながっていくことに、大きな意味を感じることが出来ました。



ume夫が発病してすぐに、ベランダに大量にあった植物たちを友達と
ご近所さんたちにもらってもらい、最小限に整理しました。

b0128589_1815396.jpg


ガラーンとしたその時のベランダ。
鉢はこの数より増やさないと決め、その後は少しずつ植替えする程度に
していました。
この一番右側の大鉢の木が、植え替え後にうまく根つかず枯れていたのを
整理するのがめんどくさくてそのままにしていたのです。


まずは、GW中にその木の枯れ枝をカットし、4㎝位に育っていた幹を
毎日少しずつノコギリで切っていきました。  根を掘り返すのが一苦労。
ume夫はなるべく土に触れないほうが良いので(工事現場の側なども
避けたほうが良いのです)、窓を閉め切り、ベランダで一人頑張りました。


土を処分し鉢を洗い、準備万端~!
チョコの四十九日が過ぎた日に、2人で好きな花を選んで新しい土も
買ってきました。
野菜にしようかハーブにしようか、いろんなことを考えましたが、
はじめての年には、モモとチョコにお似合いの可愛い色合いの花に
することに。


b0128589_18162259.jpg

いつもは洋花を挿すことが多いのですが、法要の日はやっぱり菊でしょ(^^)v


トップさんで暮らすようになってからも、虹の橋を渡ってからも、
いつもいつもモモとチョコの話が出ない日はありません。
側にいない事には慣れてきたけれど、忘れることは決してないという感じ
でしょうか。
モモちゃんチョコちゃん、長い間本当にありがとう。 
とっても楽しかったよ。

最期の時は、ume夫も一緒にベランダで作業しました。


b0128589_18191134.jpg

リビングからベランダを見ると、どこからも一番に見える場所、
この中にモモとチョコが眠っています。
[PR]
トラックバックURL : http://mokotoko.exblog.jp/tb/24519682
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by meimu09 at 2015-05-26 23:17
チョコちゃん、モモちゃんのイメージそのままの可愛い鉢と
優しい色のお花、お二人の深いお気持ちを感じます。
とても素敵なプロジェクトですね~。チョコ・モモちゃんもきっと幸せ☆
ほっと落ち着かれたことでしょう~。
とは言え、もう写真が増えないと思うと胸の奥が痛くなるお気持ち、よくわかります。

メイの遺骨は少しだけ、いつも遊んでいた神戸の公園の桜の木の根元に埋め、
残りは芽衣バラの横のシンクの土台に埋めました。
メイは実はこの家には1度も来たことがないのです。
義父が家の中に犬をあげることを嫌ったので、
福岡に帰省した時はいつも私の実家にいました。
だから、空から見つけやすいように高い所に目印を付けました。^^

何年経っても忘れることなんてありません。
かえって近くにいつもいて、笑っているような気がします。

芽衣夢に来てくれたモモ・チョコちゃん、
時々は煉瓦のベンチの辺りで遊んでくれるといいな。

Commented by はなママ at 2015-05-29 12:34 x
モモちゃんチョコちゃん、可愛いお花になって毎日ベランダから
お部屋を見てくれているんですね。
本当に二人のイメージにピッタリなお花です。

昔はワンちゃんがなくなったらそのままお庭に眠ってもらっていましたが、
都会のマンションではそれもかないませんね。
こうやって命が巡っていくということの大切さを
ume-no家のお二人に教えられたような気がします。

今も、可愛い花が風にそよいでいるのでしょうね。
Commented by Davymama at 2015-05-29 18:32
ももちゃんもちょこちゃんもパパとママのそばに永遠にいられるのですね。。
かわいいお花がおふたりをいやしてくれて・・
おはよう、おやすみと声をかけたり。。いいお天気ねって。。
ずっと一緒。いつまでも。。
素敵なお話ありがとうございました

Commented by ume-no_ivory at 2015-05-30 13:54
はなママさん♪
 モモとチョコのことを考えながら花を選ぶのも楽しかったです。
 イメージピッタリでした? 嬉しいです。

 最近は、ワンコや猫ちゃんの霊園もたくさんあるようですね。
 土に埋めちゃうなんて。。。って思われる方もあるかもしれませんが、
 これからも側にいる事を実感できる方法あるかなぁって
 考えた結果です。
 
 植えたときより、もうお花の数が増えてきました。
Commented by ume-no_ivory at 2015-05-30 13:57
Davymamaさん♪
 そうなんですよ、毎朝おはよう!寝る前におやすみ!
 今日は花が増えたね!って、ベランダに向かって独り言ふえました(笑)。
 大変な時もありましたが、思い出すのはモモとチョコの、
 「エヘ~」って感じの、満面の笑顔ばかりです。
Commented by ume-no_ivory at 2015-06-03 21:08
meimu09さん♪
 そうですね~、時間がたっても忘れることなんてないですよね。
 今日もウォーキングの途中で、毎日この場所を一緒にお散歩していたなぁ、
 って、思いながら歩きました。

 メイちゃんには実際に会ったことないけれど、ブログの写真と
 愛情いっぱいの芽衣夢さんの中に、いつもその存在を感じています。
 
 先日の煉瓦のベンチで撮った写真のどこかで、モモチョコも
 メイちゃんも一緒に笑っていますよね。
by ume-no_ivory | 2015-05-26 17:46 | わんこ | Trackback | Comments(6)