うめ*モモ*桜 mokotoko.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

花とわんことhandmade


by ume-no_ivory
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

黄金のアフガニスタン


b0128589_16393167.jpg

今日は立春ですね。
友達のラインやインスタグラムに神社のお多福さまがUPされたのを見て
私達も近くの氏神様へ、お多福さまに会いに行ってきました。

b0128589_1642920.jpg

今年もたくさんの福に恵まれますように。


+ + +
その足で出かけたのは、九州国立博物館。
2月14日までの特別展『黄金のアフガニスタン』をみてきました。
b0128589_1643366.jpg

学業の神様太宰府天満宮の側にある九博は、この時期混んでいるのか
と思いきや、雨まじりの平日だったせいか、ゆっくりと観覧できました。


b0128589_10531490.jpg

九博HPより
『本展で紹介する名宝は、首都カブールにあるアフガニスタン国立博物館で所蔵されていましたが、1979年のソ連侵攻とそれに続く内戦などにより、博物館は甚大な被害を受け、収蔵品の多くは永遠に失われてしまったと考えられてきました。しかし、国の宝を守ろうとした博物館員は、とりわけ貴重な文化財を秘密裏に運び出し、秘密の場所に隠したのです。命を懸けてこれらの秘密を守りぬいた勇気ある館員たちは、自らの文化が生き続け、アフガニスタンが生きながらえることを願ったのです。』
                                      

シルクロードの秘宝を見に来ただけのつもりだった私ですが、
入場してすぐのVTRでこの説明を見て、アフガニスタンの博物館員たちが
守ってくれた秘宝を、この九州の地で見ることのできる奇跡に感謝しながら
まわりました。


一番印象に残ったのは、第3章 ティリヤ・テペ(地元の言葉で「金の丘」)。
1978年、遊牧民の有力者の6基の墓が手つかずの状態で発見され、
そこには女性5人と男性1人が埋葬されていたそうで、
金やトルコ石がちりばめられた愛用品や服の装飾品が展示されていました。
ブースに入った途端、黄金の輝きに目がくらむようでした。

b0128589_10571179.jpg

埋葬されていたお墓ごとに、副葬品の展示がされています。
黄金色に輝く服を着ていたこの5人の女性たちの人生は、
どんなものだったのだろうと、思いを馳せながら足を進めました。


第5章は、流出文化財の特別出品。
九博HPより
『アフガニスタン国内が混乱を極めていたさなか、カブールの国立博物館や国内各地の遺跡から多数の文化財が略奪され、不法に国外に持ち出された。その一部はわが国にも運ばれた。シルクロードを生涯のテーマとして描き続けた日本画家の平山郁夫氏は2001年、これらの「流出文化財」を「文化財難民」と位置づけ、ユネスコの同意のもと「流出文化財保護日本委員会」を設立、再びアフガニスタンに平和と安定が取り戻されるまでわが国で保護することを提唱した。これに賛同した方々から譲渡された文化財は、同委員会が保全管理してきた。本展覧会を契機にアフガニスタンへ無事に返還されることになった102件の文化財のうち、15件を特別出品する。』                     


文化財の貴重さ素晴らしさもさることながら、今回の展示会の趣旨に
なによりも感動して、感慨深い観覧になりました。

  ☆九州国立博物館のぶろぐるぽに参加して、一部画像をお借りしています。





b0128589_1781186.jpg

そしていつも楽しみにしているのは、エントランスホールの木組みの天井。
美しい建物です。

b0128589_171166.jpg


b0128589_17113457.jpg

博多の象徴、山笠も常設されていますよ。

b0128589_17124094.jpg

ちょっと疲れたので、エントランスホールのカフェで休憩。
落ち着きました~。


九博に来るのは久しぶりです。
いつも太宰府天満宮にも参拝するのですが、今回はここまで。。。

b0128589_17144868.jpg

ではなく。。。天満宮側に出る長いエレベーターに乗って、
梅が枝餅を食べに行きました。 がっ、肝心の梅が枝餅、画像なしです(笑)。

b0128589_17155817.jpg

太宰府天満宮の飛梅は1月中旬くらいに開花したようでしたが、
先日の大雪にビックリしたのか、庭園の梅はようやく一部のつぼみが
膨らみはじめたくらいでした。

今のume-no家も、ちょうどこの梅のつぼみと同じくらいでしょうか。
春はもうすぐそこに来ています。


      
[PR]
トラックバックURL : http://mokotoko.exblog.jp/tb/25324211
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by ume-no_ivory | 2016-02-04 11:20 | おでかけ | Trackback | Comments(0)