うめ*モモ*桜 mokotoko.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

花とわんことhandmade


by ume-no_ivory
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:おでかけ( 146 )


大川へ、家具の下見。


来年、家具を新調する予定があるので、遊びがてら大川に家具を見に行ってきました。

まず行ったのは、中島製作所
工房といった感じの製作所です。
ご主人にたくさんお話が聞けたのですが、HPに紹介されている以外で、たまたまカタログなどで私が気に入っていた家具が、ここの製品だと言うことがわかりました。
家具は、数人の職人さんが手作りされていて、特注でもいろんな対応が出来ます。
本物の自分好みの家具を一つずつ揃えていかれるお客様も多いということ。
今月16日から、福岡三越で展示を行われるそうです。

次は、有名な広松木工
なかなか好みのツボにはまる製品が多くて・・・困ります。お値段も相当良い。
かなり、勉強になりました。

家具屋さんがたくさん並ぶ通りの中で、ナチュラルな感じのお店に目がとまり、
入ってみました。
CRASH
隣にある大きな家具やさん、関家具のお店です。
見た目よりずっと広い展示場に、外観どおりナチュラルな感じの家具がたくさん。
横には、8日にオープンしたカフェと雑貨のお店もあります。
近かったら時々行けるのに、残念です。

想像以上にたくさんの家具屋さんがあって、一日見てまわったら、
どこのどの家具が良かったか、もうわからなくなる位です。


せっかく大川に来たのだから、お昼はうなぎ。
浜松屋に入ってみました。b0128589_965557.jpgb0128589_9194034.jpg








古いお店のようで、お庭も風格がありますが、障子の桟が
とても凝っていて、さすが家具の町だと思いました。

b0128589_9213753.jpg

定番のせいろ蒸し。夫用に特上を頼んだので、うなぎの量もご飯の量もたっぷり。
ご飯の間にもたくさんのうなぎが詰まってました。





b0128589_9112666.jpg塩焼き。
蒲焼きは良く食べるけど、塩焼きは初めてです。
ポン酢とレモン酢につけると、あっさりしてうなぎの味がよくわかります。

今回は珍しく、美味しい画像をとるのを忘れませんでした。
[PR]
by ume-no_ivory | 2008-12-15 09:23 | おでかけ | Trackback | Comments(3)

甘木飴


柿のシーズンもそろそろ終わりに近づきました。
あきもせずまた、伊藤柿狩園に行ってきました。

その帰り道、一緒に行ったMちゃんおススメの甘木飴三松堂で、飴を買って帰りました。
昔ながらの製法で、懐かしい味。
b0128589_1451547.jpg歯にくっつく白い飴の中に、ほのかにしょうがの味のする黒砂糖みたいなのがはいっている飴。
みんな一度は食べたことありませんか?

黒砂糖飴に大豆がごろごろ入っているあめ玉も買ってみました。


b0128589_146985.jpg

秋月名産の葛。
Rさん、おススメ。
片栗粉のかわりにお吸い物に入れると
トロ~リと美味しいそうです。




片栗粉と言えば、その原料って何か知っていますか?
当然カタクリでしょう!って思っていたら、普通に売ってる片栗粉の原料は馬鈴薯。
つまり、じゃがいもです。
本物のカタクリは、高価でほとんど出回っていないそうです。
それで、Rさんおススメ、葛の出番になるわけです。
さっそくトライしてみたいと思います。

b0128589_14131683.jpg
帰りに、Mちゃん手作りの生キャラメルを頂いて帰りました。
グラニュー糖と生クリームだけで出来るレシピも教えてもらいました。
ラッピングもいつも可愛くて、さすがです。(画像とる前に我慢できず半分開いちゃった)
香ばしくてフワッととけて、その上添加物なしで安心の嬉しいお土産でした。
[PR]
by ume-no_ivory | 2008-12-04 14:21 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

天神さま


b0128589_9465133.jpg夏にあった、九州国立博物館の「島津の国宝と篤姫の時代」をぶろぐるぽしたら、次の特別展「国宝天神さま」の招待券を送っていただきました。
11月30日までの展示とは知りながら、なかなか行けず、
最終日にやっと行くことができました。

車で行くと、観世音寺あたりから渋滞。もしかすると・・・・「天神さま」大人気。
九博の駐車場まではかなり時間がかかりそうだったので、手前の駐車場に車を停め、久しぶりに太宰府天満宮の参道を通ってみました。
b0128589_9502639.jpg境内から、九博行きの長いエレベーター。
山の紅葉も見ごろで、素晴らしい景色です。

菅原道真の波乱の生涯と、学問の神さま「天神さま」として崇められるようになった経緯を、たくさんの書物と絵巻物、美術品などで、わかりやすく展示してあります。

b0128589_9555963.jpg菅原道真公。学問の神さまと言われているので、線の細い人かと思っていたら、どの絵も像も堂々とした体躯の人です。
b0128589_9565137.jpg
束帯につけたベルト。今と同じような留め金。あの時代からこんな物をつけていたとは・・・。

b0128589_959105.jpg
太宰府天満宮近辺の地図。
今と同じように、池や橋もあって、天満宮の歴史の深さを感じます。






b0128589_1001763.jpg絵巻物の色は、今でも褪せることなく鮮やか。
昔の巻物などを見ると、ほとんど例外なく文字が素晴らしく美しい。
誰もが字を書けた時代ではなかったのでしょうが、まさしく一本すじの通った文字です。

b0128589_1024691.jpg十一面観音菩薩像。
道真公が彫られた物のようです。
学問だけではなく、美術・芸術にも秀でた人だったというのがわかります。

最終日とあって大混雑で、ゆっくり見れたかと言うと???でしたが、かえってこれだけの文献をゆっくり見ようとすれば、1日ではとても足りない気がしました。

見終わって帰り道でも、まだ博物館に向かう車は渋滞していました。
これだけたくさんの人が興味を持って見に来ると言うのも、それだけ菅原道真公に魅力があるということなのでしょう。

日本各地にたくさんの天神さまがあります。
その情報は、九博のHPの「みなさまから頂いた天神さま情報」に載っています。
自分の家の近くの「天神さま」を、探してみてはいかが?

次回の特別展は、「工芸のいま伝統と創造」、九州沖縄の作家たちです。
大好きな釜我敏子さんや平良敏子さんの着物も展示されるようで、これは見逃せない。
陶芸や、木工作家さんの展示もあります。
来年が楽しみです。

  ☆九博内の展示物の画像は、九博ぶろぐるぽにエントリーして提供いただいたものです。
[PR]
by ume-no_ivory | 2008-12-01 10:30 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

吉井へ柿狩り


b0128589_21552797.jpg

週末、柿狩りに行ってきました。
いつもお世話になっている伊藤観光園。
ここの柿を食べたらよそのは食べられなくなっちゃいます。
山全体が柿園になっているので、登りながら楽しめます。
頂上まで登れば、景色も最高!

b0128589_2145416.jpg
今年は、大きく立派な出来です。
夫の大きな手と比べても、こんなに大きい。




b0128589_21555966.jpg
花梨も植えられていて、料金所の横で花梨酒用にと、
売られています。
花梨酒は、セキやのどによく、香りも良いお酒になります。
そのままでもとても良い香りで、ちょっと虫食いの実を
「車の中に置いとくといいよ。」と、柿園のおじさんにもらったこともありました。


12月初め頃まで、開園しているので、出来たらもう一度
行きたいな。

福岡県うきは市吉井町福益307-2
0943-75-3919
伊藤観光園    入園無料 1キロ500円です。
[PR]
by ume-no_ivory | 2008-11-18 21:59 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

小石原民陶むら祭


連休の最終日、小石原民陶むら祭に行ってきました。
小石原と言えば、いつものメンバー3人。

b0128589_982846.jpgまずは寄り道、旬の庭へ。
いろいろ買いたい花苗がある中、
千日小坊を選びました。
初めて育てるので、楽しみ。
今朝、さっそく植え込みました。



食いしん坊のメンバーなので、この方面に来たら、シェサガラは欠かせません。
ちょうどお昼時だったせいか、駐車待ち。
ホントはイートインしたかったんだけど、席がなくて車の中でサクサクと食べちゃいました。

b0128589_9115318.jpg
画像は、お持ち帰りした物。
左下のパンには、リバーワイルドハムファクトリーのハムが、しっかり練りこんであって、香ばしさ満点。

右上は、イチジクとオレンジピールのパンで、まわりのサックリと内側のしっとり感が絶妙でした。


b0128589_9235125.jpg

いよいよ、小石原へ。
杷木経由で行ったので、まずは鶴見窯へ。
前から欲しかった小さめの取り皿をGET。
今日は、取り皿だけにするつもりが・・・


b0128589_92623.jpg
これまたいつもお邪魔する、太田窯へ行ったのが
間違いのもと(笑)。

小さなミルクピッチャー。


今、家の中の、使っていないもの絶滅キャンペーンをおこなっている我が家、
これ以上買っちゃいけないのはわかっているけど・・・
友達の、「今日は2割引きよ!大物こそ安い時に買い」の一言が効きました。
スープ皿、買っちゃいました。


一日の戦果です。b0128589_9363541.jpg

違う窯元で買ったにもかかわらず、見事に同じテイスト。
大好きな茶系グラデーションです。





b0128589_9314539.jpg
買いすぎたかなぁ・・と、ちょっと反省する気持ちを、旬の庭でお土産にもらったパセリが癒してくれます。
[PR]
by ume-no_ivory | 2008-10-14 09:37 | おでかけ | Trackback | Comments(2)

2年ぶりくらいに、ヤフードーム行って来ました。
もちろんソフトバンクホークスの応援。
野球はねぇ、実はあまり興味ないのですが。

以前、同じマンションのご家族とお犬様友達になった時、ご主人がダイエーにいると
聞いて、
『そっか~、ガタイもいいし平日にお休みだったりするし、配送とかの力仕事で
休みもバラバラなんだぁ』
と思っていたら、なんとダイエーホークス(その時はまだダイエーでした)の
選手だったm(_ _)m
まわりの人が、何となく彼のこといつも遠巻きに見てるなぁ・・・とは思っていたけど。
知らない私だけが、しっかりお友達してたわけで。

それくらい野球オンチな私が、応援に行った昨日、ドームの屋根が開いてました。

b0128589_8592552.jpg
「あ~、屋根が開いと~。涼しくなったから節約しよ~とかいなぁ。」
「シーホークに泊まったら、屋根の上から毎日野球見られるね。」
こんな会話しながら、でもさっきからやけにヘリコプター飛んでるのは何で??
b0128589_925369.jpg





今朝、新聞見てビックリ。
公式戦では、9年ぶりに屋根を開けての開催だったそうな。
ラッキーな私達。
画像も、野球好きな友達にとりあえずメールするために撮ったものでした。
[PR]
by ume-no_ivory | 2008-09-11 09:09 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

大漁~♪


b0128589_9482297.jpg
お盆の帰省中、夫と義兄が釣りに出掛けました。
朝4時出発、8時には戻ってくる予定が10時になっても帰らない。
11時近くなって、たくさんの小鯵と一緒に戻ってきました。

b0128589_9542512.jpg

それから、義母と二人で大忙し。
画像は、トレイにのった分だけ。
アジは、上のトレイあとひとつ分くらいありました。
義母は慣れたもので、あっという間にどんどんさばいていきます。

   

義父は、数年前まで、サラリーマンをしながら漁船を持っていたそうです。
これまでに4隻くらい買い換えながら。
数年前にイカ釣り漁船くらい大きな船を盗まれて、それからちょっとご無沙汰らしいのですが、その血を引き継いだ義兄は、知り合いと一緒に時々海に出ています。
今でも漁協にも入っていて、住んでいるのが港町と言うのもあるとは思いますが、
漁師でもない家庭に、プレジャーボートでもなく漁船があると言うのが、
山育ちの私としては何とも不思議です。
一時期は、家に生簀まであったらしく、漁船も生簀も一度この目で見てみたかったなぁ。
[PR]
by ume-no_ivory | 2008-08-18 10:10 | おでかけ | Trackback | Comments(2)

秋月へ


友達二人と、秋月へ。
いつものメンバー、いつものコースです。

b0128589_1391342.jpg友達の家で、私のハンドメイド作品の
お披露目をしたりして、ゆっくりしてしまったので、秋月ではまず、お昼ごはん。
桜のトンネルの入口にある「鯉の宿」。
川に面した、レトロ感がなんともいえないお店です。
どういう仕組みか、屋根から水がピューっと出ていて、川風と共にとても涼しい。

b0128589_13122359.jpg

いくつかのメニューに悩みながらも、
ヤッパリここは’そうめん流し’でしょう。ってことで。
実は私、そうめん流し初体験!!!
楽しいねぇ。



b0128589_1314935.jpg川岸には、うちのあたりではほとんど見かけない
カンナが咲き乱れていました。
子どもの頃に育ったところでは、どこの家にもカンナが植えてあって、夏になると暑さに負けないほどの濃い色の花を咲かせていました。
楽しかった夏休みを思い出しました。


お腹もいっぱいになったことだし、目的の野鳥の森へ。
手吹き硝子工房です。
この暑さの中、料理もちょっくら手抜きになっていて、ここの器に盛り付けたら美味しい
料理に早がわり。という、不純な動機で、どうしても行きたくなったという訳です。
とはいう物の、いつもながらお気に入りがいっぱいで、ずっと見てるとどれを選んだらいいのかわからなくなってしまいます。
で、結局、これをお持ち帰り。
色も形も少しずつ違うものを選びました。
b0128589_13272865.jpg


ここの太田さんのお父様は、小石原焼の窯元なので、ガラスに混じって小石原焼も少しだけ置いてあります。
そこで、焼き物熱もメラメラし始めて、結局小石原まで足を伸ばすことに。
太田哲三窯
やっぱり、いいです!
どんな料理にも合うし、しっかりしていて、お値段も手ごろ。
普段使いには、申し分ありません。
友達の一人が、そばチョコお買い上げ。
これで、三人とも同じそばチョコ使ってることになります。
同じといっても、一つ一つ趣きが違っています。
こんどお互いにお邪魔しあって、どんな風に使ってるか、お勉強会するのもいいですね。
[PR]
by ume-no_ivory | 2008-08-07 13:40 | おでかけ | Trackback | Comments(2)

イカが食べた~い!


昨日のニュースで、呼子のイカが築地に運ばれたと言うのをやっていたので、
急にイカモード入ってしまいました。
いつも行くのは、河太郎。
お昼の時間に到着すると1時間待ちとかあるので、今日は気合を入れて9時前には
出発~!

b0128589_18134630.jpgめちゃくちゃいい天気です。
唐津のバイパスを通って行くと、なんだか予定より凄く早く着いてしまいました。
まだ、店あいてない・・・・・

b0128589_18152210.jpg


河太郎のほかの店も行ってみたことがあるのですが、
ヤッパリこの店が一番。
今日も、「ほか行ってみる??」と話は出たのですが、
わざわざここまで来て失敗したくないし。
11時の開店まで、時間つぶしに、呼子大橋を通って加部島をドライブしてみました。

畑の中の長い一本道があったりして、
ん~ドライブ気分満喫。
島を一周してると、海に面して立派な神社が出現。b0128589_18213712.jpg
田島神社です。
そろそろ時間になったので、気になりながらも
寄らずに素通り。


b0128589_1824923.jpg



イカ釣り漁船を横目にいざ河太郎へ。
そして、いか活き造り定食を・・・・・・・・
いつものことながら食欲が勝ってしまって、写真!と気がついたのは、完食後です。

肝心の、活き造りと天ぷら画像なしでお腹の中に入ってしまいました。

唐津では、またまたお決まりの伊藤けえらんに寄り、
市内に入ったら、前を通れば関所のように寄ってしまう、荒戸のKURUMIへ。
b0128589_18335899.jpg

7月に開店したケーキ屋さんです。b0128589_1835143.jpg

今日は、チョコレートケーキとシュークリーム。
シュークリームはリキュールたっぷりでまさに大人の(笑)私好み。

食べ物満載のお出かけ日でした。
[PR]
by ume-no_ivory | 2008-08-02 18:44 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

九州国立博物館


b0128589_10124739.jpg
久しぶりに、大宰府にある国立博物館へ行ってきました。
お目当ては、「篤姫」。
私にとってただいま、唯一ぜったい見逃してはいけないテレビ番組です。


学生時代に読んだ、有吉佐和子さんの「和宮様御留」や、
数年前に読んだ榊原喜佐子さん(慶喜様の孫)の「徳川慶喜家の子ども部屋」が、
とても心に残っていて、篤姫が大河ドラマであるとわかった時から、わくわく楽しみに待っていたのです。

b0128589_100991.jpg島津家は、鎌倉時代から江戸時代まで700年間にわたって南九州一帯を支配していたので、膨大な文書がとても良い状態で保存されていたそうです。
普通は、争いによって領主が変わることもしばしばで、そのたびにお城を焼かれたりして資料が残っていないことが多いのでしょう。

展示品に書かれている文書の意味は、解説なしにはまったくわかりませんでしたが、
墨と筆で書かれたその文書や絵に圧倒されました。
最近日本語の乱れについて、たくさん論議されていますね。
私も、正しい日本語を使う大切さを重んじているほうですが、
今回の展示を見てちょっと考えました。
この頃の日本語と今の日本語、ゼンゼン別物です。
言葉というのは、やっぱり時代と共に変わっていくものなのでしょうね。

b0128589_10225029.jpgひとつわかりにくかったのが、展示方法。
縦書きの文書だと、紙の右から左に読んでいきますよね。
これが展示だと、左から右に移動しながら見るので、文末~文頭に、後年から前年に向けて読んでいく格好になります。
別に、意味なんかわからないんだから・・・とも思いますが、とっても不自然に感じました。
後で、国博の担当の方にメールでお尋ねしたら、会場の回遊性を優先するとこうなりましたと、お返事いただきました。

この展示の中で、一番人気のあったのは、やはり篤姫関係。
大奥の部屋の細かい図面や、大河ドラマのメイキング画像、実際使われた着物など、黒山の人だかりでした。

この資料は、普段は東京大学史料編纂所に保存されているそうですが、これを研究している人たちの努力に感謝した一日でもありました。

             九博のぶろぐるぽにエントリーしています。
             エントリーすると、会場内の画像を提供してもらい
             (会場内の写真撮影は禁止)ブログにアップ出来ます。
[PR]
by ume-no_ivory | 2008-07-31 10:36 | おでかけ | Trackback | Comments(2)