うめ*モモ*桜 mokotoko.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

花とわんことhandmade


by ume-no_ivory
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:おでかけ( 139 )


秋月へ


友達二人と、秋月へ。
いつものメンバー、いつものコースです。

b0128589_1391342.jpg友達の家で、私のハンドメイド作品の
お披露目をしたりして、ゆっくりしてしまったので、秋月ではまず、お昼ごはん。
桜のトンネルの入口にある「鯉の宿」。
川に面した、レトロ感がなんともいえないお店です。
どういう仕組みか、屋根から水がピューっと出ていて、川風と共にとても涼しい。

b0128589_13122359.jpg

いくつかのメニューに悩みながらも、
ヤッパリここは’そうめん流し’でしょう。ってことで。
実は私、そうめん流し初体験!!!
楽しいねぇ。



b0128589_1314935.jpg川岸には、うちのあたりではほとんど見かけない
カンナが咲き乱れていました。
子どもの頃に育ったところでは、どこの家にもカンナが植えてあって、夏になると暑さに負けないほどの濃い色の花を咲かせていました。
楽しかった夏休みを思い出しました。


お腹もいっぱいになったことだし、目的の野鳥の森へ。
手吹き硝子工房です。
この暑さの中、料理もちょっくら手抜きになっていて、ここの器に盛り付けたら美味しい
料理に早がわり。という、不純な動機で、どうしても行きたくなったという訳です。
とはいう物の、いつもながらお気に入りがいっぱいで、ずっと見てるとどれを選んだらいいのかわからなくなってしまいます。
で、結局、これをお持ち帰り。
色も形も少しずつ違うものを選びました。
b0128589_13272865.jpg


ここの太田さんのお父様は、小石原焼の窯元なので、ガラスに混じって小石原焼も少しだけ置いてあります。
そこで、焼き物熱もメラメラし始めて、結局小石原まで足を伸ばすことに。
太田哲三窯
やっぱり、いいです!
どんな料理にも合うし、しっかりしていて、お値段も手ごろ。
普段使いには、申し分ありません。
友達の一人が、そばチョコお買い上げ。
これで、三人とも同じそばチョコ使ってることになります。
同じといっても、一つ一つ趣きが違っています。
こんどお互いにお邪魔しあって、どんな風に使ってるか、お勉強会するのもいいですね。
[PR]
by ume-no_ivory | 2008-08-07 13:40 | おでかけ | Trackback | Comments(2)

イカが食べた~い!


昨日のニュースで、呼子のイカが築地に運ばれたと言うのをやっていたので、
急にイカモード入ってしまいました。
いつも行くのは、河太郎。
お昼の時間に到着すると1時間待ちとかあるので、今日は気合を入れて9時前には
出発~!

b0128589_18134630.jpgめちゃくちゃいい天気です。
唐津のバイパスを通って行くと、なんだか予定より凄く早く着いてしまいました。
まだ、店あいてない・・・・・

b0128589_18152210.jpg


河太郎のほかの店も行ってみたことがあるのですが、
ヤッパリこの店が一番。
今日も、「ほか行ってみる??」と話は出たのですが、
わざわざここまで来て失敗したくないし。
11時の開店まで、時間つぶしに、呼子大橋を通って加部島をドライブしてみました。

畑の中の長い一本道があったりして、
ん~ドライブ気分満喫。
島を一周してると、海に面して立派な神社が出現。b0128589_18213712.jpg
田島神社です。
そろそろ時間になったので、気になりながらも
寄らずに素通り。


b0128589_1824923.jpg



イカ釣り漁船を横目にいざ河太郎へ。
そして、いか活き造り定食を・・・・・・・・
いつものことながら食欲が勝ってしまって、写真!と気がついたのは、完食後です。

肝心の、活き造りと天ぷら画像なしでお腹の中に入ってしまいました。

唐津では、またまたお決まりの伊藤けえらんに寄り、
市内に入ったら、前を通れば関所のように寄ってしまう、荒戸のKURUMIへ。
b0128589_18335899.jpg

7月に開店したケーキ屋さんです。b0128589_1835143.jpg

今日は、チョコレートケーキとシュークリーム。
シュークリームはリキュールたっぷりでまさに大人の(笑)私好み。

食べ物満載のお出かけ日でした。
[PR]
by ume-no_ivory | 2008-08-02 18:44 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

九州国立博物館


b0128589_10124739.jpg
久しぶりに、大宰府にある国立博物館へ行ってきました。
お目当ては、「篤姫」。
私にとってただいま、唯一ぜったい見逃してはいけないテレビ番組です。


学生時代に読んだ、有吉佐和子さんの「和宮様御留」や、
数年前に読んだ榊原喜佐子さん(慶喜様の孫)の「徳川慶喜家の子ども部屋」が、
とても心に残っていて、篤姫が大河ドラマであるとわかった時から、わくわく楽しみに待っていたのです。

b0128589_100991.jpg島津家は、鎌倉時代から江戸時代まで700年間にわたって南九州一帯を支配していたので、膨大な文書がとても良い状態で保存されていたそうです。
普通は、争いによって領主が変わることもしばしばで、そのたびにお城を焼かれたりして資料が残っていないことが多いのでしょう。

展示品に書かれている文書の意味は、解説なしにはまったくわかりませんでしたが、
墨と筆で書かれたその文書や絵に圧倒されました。
最近日本語の乱れについて、たくさん論議されていますね。
私も、正しい日本語を使う大切さを重んじているほうですが、
今回の展示を見てちょっと考えました。
この頃の日本語と今の日本語、ゼンゼン別物です。
言葉というのは、やっぱり時代と共に変わっていくものなのでしょうね。

b0128589_10225029.jpgひとつわかりにくかったのが、展示方法。
縦書きの文書だと、紙の右から左に読んでいきますよね。
これが展示だと、左から右に移動しながら見るので、文末~文頭に、後年から前年に向けて読んでいく格好になります。
別に、意味なんかわからないんだから・・・とも思いますが、とっても不自然に感じました。
後で、国博の担当の方にメールでお尋ねしたら、会場の回遊性を優先するとこうなりましたと、お返事いただきました。

この展示の中で、一番人気のあったのは、やはり篤姫関係。
大奥の部屋の細かい図面や、大河ドラマのメイキング画像、実際使われた着物など、黒山の人だかりでした。

この資料は、普段は東京大学史料編纂所に保存されているそうですが、これを研究している人たちの努力に感謝した一日でもありました。

             九博のぶろぐるぽにエントリーしています。
             エントリーすると、会場内の画像を提供してもらい
             (会場内の写真撮影は禁止)ブログにアップ出来ます。
[PR]
by ume-no_ivory | 2008-07-31 10:36 | おでかけ | Trackback | Comments(2)

うめめ


b0128589_221954.jpg
『うめめ』と聞いて、写真家の梅佳代さんだとすぐにわかる人は、なかなかの通です(笑)。
今、イムズで彼女の写真展をやっているというので、早速いってきました。

なんだかどの写真もちょっと笑える。
とっても自然なだけに・・・
シャッターチャンスを逃さず、見る人の心を鷲づかみです。
と、文章ではとても伝えきれないので、もし興味のある方は、イムズへどうぞ。
8月24日までやっています。
[PR]
by ume-no_ivory | 2008-06-21 22:35 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

うきはへ


新緑に誘われて、今月はおでかけが多いです。
昨日は友人たちと、うきは方面に。
まずは、甘木から田主丸に向かう途中の旬の庭へ。
花苗の生産販売のお店です。
この道を通る時には、関所のように寄ってしまいます。
一緒に行った友人たちが花屋さん友達なので、見たこともない花まで詳しいのナンの。
苗を車に乗せてまわる訳にいかないので、結局帰りに、もう一度寄ることに。

次は、田主丸のシェ・サガラ
田舎のパン屋さんにしては美味しいと、時々立ち寄っていたけど、HPを見たらなんだかすごい賞を取っている方のお店でした。
おいしいパンを買って大満足。
山苞の道を通って、お昼の目的地ぶどうのたねへ向かいます。
ランチは、「隣りのごはん」(と、言うメニュー)を堪能。
みんな、帰りに「となりの売店」で、メニューの中の大豆からあげと鉄火味噌を買っていました。

お腹いっぱいになったところで、友達のリクエストで小石原の鶴見窯へ。
22日から、アクロス福岡で小石原焼のイベントがあるため、陳列棚はスッカラカン。
残念ながら、今回はお持ち帰りなしです。
窯元さんといっぱいお話できたので、厚かましくも欲しい器のリクエストをたくさんして、
次回に持越しです。

最後に、フジイのはちみつで、
b0128589_1114863.jpgたくさんの中から、迷った挙句アカシアはちみつに決定。

いつものことながら、写真撮るよりおしゃべりと食欲にかまけて、画像は家に戻って撮ったはちみつさんだけになりました。
[PR]
by ume-no_ivory | 2008-05-22 11:22 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

熊本城



熊本城
の本丸御殿が復元されたというニュースを見て、
行って来ました。
ゴールデンウィークに3時間待ち見学時間15分でも大満足だった
というおじさんがニュースに出てて、そんなに凄いなら行って見ようと思って。

さすがに平日だったので、まったく待つことなく見ることが出来ました。

二の丸駐車場に停めて、まず宇土櫓へ。
建立当時の姿を残す木造の櫓だけあって、中の作りも古い中にも
風格がありました。
歩くとミシミシと音がしたり、階段の一段一段が今のものより高かったり、
その頃に思いを馳せてしまいます。
壁には銃眼があって、戦いの時にはここから外を監視したり、
銃をうったりしていたそうです。

その後、目的の本丸御殿へ。
大広間から若松乃間、昭君乃間へと奥へ進むにつれて、造りも材質も絵も
どんどん素晴らしく変わっていきます。
お殿様の権力や身分の違いとはこういうものかと感じられます。

天守閣へ。
6階まであるのですが、階段を上りながら、熊本の歴史や復元作業
などについての展示を見て行くので、そんなに高くまで登った気がしません。

b0128589_1549168.jpg

表から見ると、堂々とした立派なものですが、宇土櫓を先に見てしまったので、
ここの内部は展示場という感じにしか感じられませんでした。

熊本城郭をブラブラして、歩いて旧細川刑部邸へ。
加藤清正公の強いイメージとは反対に、細川家は文化的な感じが漂います。
風雅で物静かな格式ある御邸でした。

熊本城ガイドには、ここまでで約90分とあるけれど、
私達は3時間くらいかかってしまいました。

繁華街へでて、遅い昼食。熊本へ来たからにはと、味千ラーメン食べました。


その後、水前寺成趣園へ。
b0128589_1653510.jpg

私が水前寺公園と思っていたところは、正式にはこう呼びます。
細川家ゆかりの寺と御茶屋があります。
朝からずっと歩き回っていたので、他にもいろいろ回る予定が、
ここでタイムアウト(笑)。

熊本城と熊本の街で遊ぶつもりの一日が、思いがけず歴史探訪の
まじめな充実したものになりました。
[PR]
by ume-no_ivory | 2008-05-09 15:59 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

小石原民陶むら祭


行ってきました~!
その日は、朝から高速が約50キロの渋滞というので、下の道を通って。
吉井経由で行ったので、杷木から52号線へ入り211号線に合流しました。
みんなから、混んでる混んでると言われながら、渋滞を覚悟してたのに、ゼンゼン混んでなかった。秋月経由で行った時は、かなり渋滞してたので、こちらからのほうがおススメ。

小石原小学校に車を停めて、まずは太田哲三さんのところへ。
この前行った時から、このそばチョコが欲しかったので、さっそくお買上げ。
一番手前のは、夫の一押し。b0128589_962015.jpg

そのあと、いくつか窯元まわったけど、暑いのなんのって・・・・
一番初めに、お買い物してしまった満足感もあって、早々に切り上げちゃいました。

渋滞を避けるために、来た道をもどりながら、211号線沿いに点在する窯元に寄りながら帰ってると、ナントお気に入りの窯元さんに出会ってしまいました。
どれもこれも、欲しい欲しい。
中でも、こげ茶の鉢が気になって気になって。
でも、もう予算オーバーなので、またにしようとお店の方にショップカードだけもらって、
帰るつもりだったら、夫が買ってくれた!!

b0128589_97149.jpg
b0128589_972540.jpgドットのように見える飛びかんなが、なんともいい感じで大好きです。
鶴見窯
作家さんは、すっごく若い方でした。

夜は、茶ドットの鉢にポテトサラダを盛り、夫はそばチョコでお酒をいただきました。
[PR]
by ume-no_ivory | 2008-05-06 09:09 | おでかけ | Trackback | Comments(2)

今日も どこかで


b0128589_10181290.jpg
小田和正さんのツアーに行ってきました♪

マリンメッセのアリーナに右に左に花道があって、スタンド9列目の私達もバッチリ近くで小田さんを見れました。
相変わらず、お話し上手(笑)だったし、ご当地紀行も面白かった。

オフコース時代の歌からKAT=TUNに作った歌から、今日もどこかでまで、30年間の集大成のように、いろんな歌唄ってくれました。

小田さんの歌詞は、毎日の何気ない日常の大切さを思い出させてくれるものが多いよね。
ツアーのテーマ、「今日もどこかで」の歌詞、
♪巡り会って 愛し合って 許しあって 僕らはつながっていく♪
許しあって・・・ということは、ホントにホントに胸にしみました。

自分ひとりが頑張っていると勘違いしてた頃もあったけど、
どんなときも、周りの人たちに支えられてるおかげだと気づいた時があって、
小田さんの歌の中に浸ってる間ずっと、その時の感謝の気持ちを思い出していました。
これまでかかわってきたすべての人に、ありがとうを言いたくなったひと時でした。

ツアーに誘ってくれたまっちゃん、ありがとね~!
[PR]
by ume-no_ivory | 2008-04-29 10:33 | おでかけ | Trackback | Comments(2)

小国へドライブ♪


久しぶりにロングドライブ。
実家のあった吉井町にちょっと用事があったので、そのあと楽しめる場所を探して、
素通りしかしたことのなかった小国へ行ってきました。

まずは日田経由で、木の花ガルデンへ。野菜や手作り菓子などたくさん買いたい物はあったのに、気温上昇の予報が出てたので、車に乗せてまわる勇気がなくて帰りに買うことにして、我慢我慢。

杖立温泉を横目に、小国へ。ジェラトヒルトンのジェラードでドライブ気分を盛り上げました。b0128589_1523351.jpgお店の人のお勧めは、新製品の塩味だったけど、ちょっとためらってやっぱり大好きなパイナップルに。これは、大正解でした。シングルコーン280円が、隣のガソリンスタンドの新装開店セールで250円でした。

b0128589_15271542.jpgお昼になったので、そば街道へ。森の小道沿いのいくつかのお店をチェックして、いちばん車が多くとまっていた花郷庵に決定。シンプルに、ざるそばとかけそばで、そばの味を堪能しました。おつゆはちょっと醤油が勝っているかなぁという感じの色だったけど、食べてみると上品な薄味でした。

腹ごしらえのあとは、鍋ヶ滝と坂本善三美術館へ。b0128589_15342011.jpg
滝は裏側に回って見れるので、マイナスイオンをバッチリ浴びてきました。
b0128589_15361875.jpg
坂本善三美術館は、古民家を移築した日本で唯一の全部畳敷きの美術館だそうです。かなり、興味があって寄ったのに、ちょうど展示物交換の時期で休館中。庭の中まで入って表から不審者のように中を覗いてしまいました。また行く機会をつくりたいなぁ。
小国は、阿蘇に行く途中の小さな町としか思ってなかったけど、美術館やら記念館やら文化的な施設もたくさんあって、おまけにFM小国というラジオ放送まであって、面白い町だという印象に変わりました。

ドライブの疲れがちょっと出たところで、はげの湯温泉の山翠へ。
ここは、思ったより穴場でよかったです。小国の道の駅から、いくつかの温泉場を通りすぎて、これまたはげの湯温泉の一番テッペンです。あたり一面硫黄のにおいが充満して、それはもう、効きそうな雰囲気。500円の入浴料で、露天から洞窟風呂、家族風呂まではいれます。

暖まったところで、本日2回目のソフトクリーム。ジャージー牧場カップルのソフト。
牧場直営のお店で、濃厚な生乳っぽい味のまさにソフトクリームらしいソフトクリームでした。丸太で作られた表のテーブルで、美味しくいただきました。

最後は、岡本とうふ店。何の情報もなく、ただ夫が豆腐好きというだけで立ち寄ったので、大ざる豆腐570円、あげが125円と言う値段にビックリ。ちょっと迷ったけど、買って受け取った途端にずっしりした重さに納得。あげも、普通のあげと思っちゃいけない。厚揚げのようなしっかりしたものでした。晩御飯は、もちろんざる豆腐とあげの味噌汁・・・etc。

帰りには、また木の花ガルデンに寄って、たけのこやしいたけを買って、大満足の一日でした。
[PR]
by ume-no_ivory | 2008-04-23 16:13 | おでかけ | Trackback | Comments(2)