うめ*モモ*桜 mokotoko.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

花とわんことhandmade


by ume-no_ivory
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:おでかけ( 135 )


宗像へ


ゴールデンウィークも中盤を過ぎましたね。
みなさん、いかがお過ごしですか~♡

b0128589_194157.jpg

約3年前に横浜から福岡へ転勤してきた私の従姉の次男家族。
連休直前に戻って行きました~。
こちらへ来たときは夫婦二人だったのが、その年の秋に女の子、
昨年秋にはとってもジャンボな男の子が生まれ、4人家族になりました。
従姉の次男といってもume夫とは一つ違いで、仲よくしていたのですが、
こちらの闘病が始まり、思っていたようなお付合いも出来ないまま、
横浜に帰ることになり、とっても残念です。
次に会う時には、この二人の子達も大きくなってるだろうなぁ。

+ + +
さて、GWは全く予定なしだったume家ですが、
思い立って藤を見に行ってきました。

b0128589_19484231.jpg

宗像にあるふじ寺、浄光寺です。
人気の場所は混雑しているだろうと、近場で地味に咲いているところを
探して行きました。
今年の藤はどこも、いつもより1週間以上早かったようでかなり枯れて
たんですが、写真は綺麗にとれていますね♪

九州で一番人気の道の駅むなかたのすぐそばにあるこの浄光寺の藤は、
地元の方が大切にお世話されている様子でした。


浄光寺へは住所だけ調べてカーナビで行ったのですが、
地図を見ないでカーナビだけで行くと、全体像が見えないので
変な道を通ったり思わぬ場所に出たりして、ビックリすることがありますね。
カーナビにも慣れましたが、私は地図を見ながらいろいろ考えながら
車を走らせるのが大好きです。


b0128589_1952552.jpg

途中で通りかかったのは宗像大社。 もちろん寄ってみました。

私は約30年ぶりくらい(笑)、ume夫もどうも一度は来たことがあるかも。。
ってくらいの記憶の彼方。

b0128589_19534223.jpg

藤棚もありました。
参道もほとんど混んではいないけれど、参拝者が絶えることなく続いていて
とってもいい感じ!

b0128589_1958845.jpg

ume夫と私の健康と今の幸せな日々がこれからも続くこと、
そして、熊本や大分の被災された方々が1日も早く安心した生活を
送ることが出来るよう、祈ってきました。
[PR]
by ume-no_ivory | 2016-05-04 20:10 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

自転車でお花見


b0128589_1741713.jpg

毎年見に行っている桜のトンネルに、今年はume夫と一緒に自転車で
行ってみました。

b0128589_17421265.jpg

くもり空の中、桜もまだ五分咲きくらいでちょっと残念でしたが、
恒例の桜のトンネルに今年は元気に行けたのが、とっても嬉しい~♪
これ位の曇りの方が、日焼け要注意なume夫にとっても良いのです。


b0128589_17452141.jpg

少し足を伸ばして、名島城跡にも行ってみました。

b0128589_17463679.jpg

ここは数年前位に名島城址公園として整備されたそうで。。。

b0128589_17475437.jpg

城跡には名島神社や。。

b0128589_17482435.jpg

金比羅さんや。。

b0128589_17485690.jpg

お寺もありました。



近くには、
b0128589_17503451.jpg

三世紀ころに使われていたという帆柱が化石として見つかった、
「帆柱石」や。。

b0128589_17514174.jpg

良縁や安産に恵まれると言う「縁の石」など、いろんな史跡が
たくさんありました。

自転車で出かけると、普段行くことのない路地にも入れて、
新しい発見が多いですね。



名島城の天守閣跡は広場になっていて、子供連れやシニアの方々の
お花見がたくさんあっていました。

b0128589_17545920.jpg

『臥龍桜』は、7分咲きくらいかな。
横から見ると、左側に根っこがあって右のほうにググーンと枝が伸びています。

b0128589_17573564.jpg

正面から。
敷地内には桜の木は多くないのですが、この一本だけでもかなりの存在感です。



b0128589_17591862.jpg

帰りには、近くにある名島亭でラーメンの昼食。
かなりの人気店なんですが、はじめて行きました。
平日の昼間は少し待つだけで入れましたよ。

b0128589_1811816.jpg

サッパリ美味しいとんこつラーメンです。


朝から自転車で出かけて、戻ったのは1時半すぎ。
名島城址は階段も多く、ume夫はお疲れモード。
私はというと、今年はあまり出なかった花粉症が一気に出てしまいましたが、
楽しいお花見の一日でした。
[PR]
by ume-no_ivory | 2016-03-31 18:07 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

糸島の牡蠣小屋へ


b0128589_12453345.jpg

少し前のこと、学生時代の同級生3人で、カキを食べに行ってきました。

大好きなカキですが、これまで牡蠣小屋へ行ったことがなく、
ume夫の発病以来、生ものや貝類は避け続けていたこともあって、
楽しみにしていた『初!牡蠣小屋』です。

b0128589_12482445.jpg

糸島には何ヶ所か牡蠣小屋が連なる地区がありますが、
この日行ったのは、船越漁港にあるマルハチさん。
雨降りの寒い1日でしたが、3人でいるとHotHot!盛り上がります。
お店を決めるだけでも、前日のラインから行きの車の中まで、
話が弾む弾む~。 

b0128589_12521097.jpg

開店と同時にお店に入ったので、まだ数組しかいません。
席に座ると、カキ焼きセット(?)が届きます。
カゴの中に人数分の軍手とお皿と箸とナイフと、トング。

b0128589_12542447.jpg

わぉ~、大きい。
焼き加減がどうなの~と、ますます盛り上がりながらいただきます。
牡蠣小屋先輩の友達が、レモンを持ってきてくれていました。
この辺のお店では、飲み物や食べ物(網の上では焼いてはイケないけど)
持ち込みOKです。

b0128589_12565965.jpg

サザエも注文。

お店の方が、カキ飯やシシャモを「いる?」みたいな感じで
持ってきてくれます。
注文してないけどサービス? はい、サービスでした。

b0128589_12593036.jpg


b0128589_12595018.jpg

正午ごろになってくると、だんだんお客様も増えてきました。
雨の平日でこんなに多かったら、天気の良い土日はメチャ混みでしょうね。
みんなが来ている黄色やオレンジの上着は、入り口で自由にサイズを選んで
借りることが出来ます。
ガスで焼くお店が多い中、ここは炭焼きなので結構パッチパチ弾けます。

飲み物持参、カキ飯とシシャモはサービスで、一人1000円ちょっとでしたよ。



b0128589_1341782.jpg

そのあとは、サンセットが見えるレストランで有名なカレントへ。

b0128589_1364789.jpg

お店の中は思ったより広く、素敵な家具やシャンデリアで寛げる雰囲気。

b0128589_1345217.jpg

それぞれケーキ&ジェラードのセットで、またまた話が弾みます。
気がつけば、まわりのお客様はみんな入れ替わり、帰る時間に。

b0128589_1362592.jpg

パンコーナーも充実していて、翌朝の朝食用に買ってきました。


船越漁港のマルハチさんは、昨夜のスマステーションで真冬の行列ランキング
第4位で紹介されていました。 びっくりポンです!

初体験の牡蠣小屋、また来年もこのメンバーで行けたらいいなぁ。
[PR]
by ume-no_ivory | 2016-02-07 18:42 | おでかけ | Trackback | Comments(2)

黄金のアフガニスタン


b0128589_16393167.jpg

今日は立春ですね。
友達のラインやインスタグラムに神社のお多福さまがUPされたのを見て
私達も近くの氏神様へ、お多福さまに会いに行ってきました。

b0128589_1642920.jpg

今年もたくさんの福に恵まれますように。


+ + +
その足で出かけたのは、九州国立博物館。
2月14日までの特別展『黄金のアフガニスタン』をみてきました。
b0128589_1643366.jpg

学業の神様太宰府天満宮の側にある九博は、この時期混んでいるのか
と思いきや、雨まじりの平日だったせいか、ゆっくりと観覧できました。


b0128589_10531490.jpg

九博HPより
『本展で紹介する名宝は、首都カブールにあるアフガニスタン国立博物館で所蔵されていましたが、1979年のソ連侵攻とそれに続く内戦などにより、博物館は甚大な被害を受け、収蔵品の多くは永遠に失われてしまったと考えられてきました。しかし、国の宝を守ろうとした博物館員は、とりわけ貴重な文化財を秘密裏に運び出し、秘密の場所に隠したのです。命を懸けてこれらの秘密を守りぬいた勇気ある館員たちは、自らの文化が生き続け、アフガニスタンが生きながらえることを願ったのです。』
                                      

シルクロードの秘宝を見に来ただけのつもりだった私ですが、
入場してすぐのVTRでこの説明を見て、アフガニスタンの博物館員たちが
守ってくれた秘宝を、この九州の地で見ることのできる奇跡に感謝しながら
まわりました。


一番印象に残ったのは、第3章 ティリヤ・テペ(地元の言葉で「金の丘」)。
1978年、遊牧民の有力者の6基の墓が手つかずの状態で発見され、
そこには女性5人と男性1人が埋葬されていたそうで、
金やトルコ石がちりばめられた愛用品や服の装飾品が展示されていました。
ブースに入った途端、黄金の輝きに目がくらむようでした。

b0128589_10571179.jpg

埋葬されていたお墓ごとに、副葬品の展示がされています。
黄金色に輝く服を着ていたこの5人の女性たちの人生は、
どんなものだったのだろうと、思いを馳せながら足を進めました。


第5章は、流出文化財の特別出品。
九博HPより
『アフガニスタン国内が混乱を極めていたさなか、カブールの国立博物館や国内各地の遺跡から多数の文化財が略奪され、不法に国外に持ち出された。その一部はわが国にも運ばれた。シルクロードを生涯のテーマとして描き続けた日本画家の平山郁夫氏は2001年、これらの「流出文化財」を「文化財難民」と位置づけ、ユネスコの同意のもと「流出文化財保護日本委員会」を設立、再びアフガニスタンに平和と安定が取り戻されるまでわが国で保護することを提唱した。これに賛同した方々から譲渡された文化財は、同委員会が保全管理してきた。本展覧会を契機にアフガニスタンへ無事に返還されることになった102件の文化財のうち、15件を特別出品する。』                     


文化財の貴重さ素晴らしさもさることながら、今回の展示会の趣旨に
なによりも感動して、感慨深い観覧になりました。

  ☆九州国立博物館のぶろぐるぽに参加して、一部画像をお借りしています。





b0128589_1781186.jpg

そしていつも楽しみにしているのは、エントランスホールの木組みの天井。
美しい建物です。

b0128589_171166.jpg


b0128589_17113457.jpg

博多の象徴、山笠も常設されていますよ。

b0128589_17124094.jpg

ちょっと疲れたので、エントランスホールのカフェで休憩。
落ち着きました~。


九博に来るのは久しぶりです。
いつも太宰府天満宮にも参拝するのですが、今回はここまで。。。

b0128589_17144868.jpg

ではなく。。。天満宮側に出る長いエレベーターに乗って、
梅が枝餅を食べに行きました。 がっ、肝心の梅が枝餅、画像なしです(笑)。

b0128589_17155817.jpg

太宰府天満宮の飛梅は1月中旬くらいに開花したようでしたが、
先日の大雪にビックリしたのか、庭園の梅はようやく一部のつぼみが
膨らみはじめたくらいでした。

今のume-no家も、ちょうどこの梅のつぼみと同じくらいでしょうか。
春はもうすぐそこに来ています。


      
[PR]
by ume-no_ivory | 2016-02-04 11:20 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

うきはへ柿狩り


b0128589_153373.jpg
雨の予報の連休最終日、3年ぶりにうきはへ柿狩りに行ってきました。
晴れ女の私は気合で雨を吹き飛ばして、ちょうど良い加減の曇り空。

ume夫の闘病中の2年間、我が家の代わりにお友達一家が
柿狩りに行って持ってきてくれて→、また自分たちで行ける日を楽しみに、頑張ってきました。

mm家のみなさん、今年は行けましたよ!

実はここの柿園は、残念なことに後継者がいなくて、
今年山のほうの柿の木を処分し、下のほうだけの作付けになっていて、
いつも山に登ってする柿狩りが出来なくなっていました。
b0128589_1543139.jpg
柿の木の向こうに見える緑の山は、
これまではたくさんの柿の木が植わっていました。
おばちゃんがむいてくれた、これまでと変わらず美味しい柿を味わいながら、
世代交代の時の流れを感じて、ちょっぴり悲しくなりました。


今回は、柿園のすぐ近くにある山口木工所にも寄ってみました。
b0128589_15473576.jpg
ちょうどイベント中で、たくさんのお客さんがお越しに
なっていました。
トラネコボンボンの中西さんが東日本大震災をきっかけに
毎日書き溜めておられた動物の絵たちが、たくさん飾ってあります。
b0128589_15515382.jpg
何とも言えない素朴な動物たちに、モモとチョコの事を思い出しながら
見学させてもらいました。


b0128589_15552927.jpg
うきはは、ちょうど柿の最盛期で、どこも柿の葉の美しい紅葉で
埋め尽くされていました。
年によっては柿の葉が色づかないまま落ちてしまうのに、
どこを見ても村中真っ赤で、久しぶりの柿狩りは感動的でした。

b0128589_1604275.jpg
ほらねっ、柿もこんなに立派です。



b0128589_161534.jpg
お昼ご飯は、吉井の街の中のペルー軒のラーメン。
子供の頃、ここの前の歯医者さんにイヤイヤ連れて行かれる時に、
「帰りにペルー軒のラーメン食べていいから。」と言われて喜んでついて
いくと、先生から「はい終わり、しばらく何も食べないでくださいね。」
と言われて、結局ラーメン食べることなく帰ることが多かった、いわくつきの
ラーメン屋さん。

なぜ、ペルー軒って名前なのかは、わかりません(笑)。


この日は、行き帰りume夫の運転。 
通いなれた道とはいえ、さぞかし疲れたことでしょう。
頑張ってくれて、美味しい柿と楽しい時間をありがとう。

そして。。。
[PR]
by ume-no_ivory | 2015-11-25 16:27 | おでかけ | Trackback | Comments(2)

テリーヌ食堂


b0128589_16171643.jpg
車で30分位のところに住む伯父と従兄から、荷物が届きました。
開けてみると、何だかビックリ箱のようにいろんな物が出てきて楽し~♪

ここ数年ほとんど交流がなかったのですが、夏に伯母が亡くなってから、
伯父と従兄の男所帯、たまに差し入れを持っていくと、
こちらが思ってる以上に2人で頑張って生活しているみたいです。

* * *
さて、映画の題名みたいな『テリーヌ食堂』、仲良し三人組で行ってきました。
ナント今回は、佐賀県鳥栖市へ。(といっても友達んちから車で30分です。)

b0128589_1650825.jpg
テリーヌってフレンチの前菜かと思っていましたが、この食堂ではメインディッシュ。
出てきた瞬間、その分厚さと美しさにどのお客さんも感嘆の声をあげていました。
↑はお魚のテリーヌ。



b0128589_16514327.jpg
メニューにある好きなテリーヌと、パンかリゾットを選ぶと、あとはコースで出てきます。
まずは前菜。

b0128589_16533433.jpg
トマトのスープ。 これまでに食べたトマトスープの中で、一番美味しかったかも。

b0128589_16544020.jpg
宝石のテリーヌ。 キラキラして彩りが綺麗!
野菜もたっぷりで、この一皿だけでお腹いっぱいになるほどです。
b0128589_16571263.jpg
こちらはお魚のテリーヌのグラタン仕立て。 
他のお客さんが頼んでいたお肉のテリーヌは、四角いステーキが出てきたかのか!
というくらいインパクトがあって、また次にチャレンジしてみたくなりました。

b0128589_16594037.jpg
こちらのデザートと一緒に出てきたのは、小さなウインナーコーヒー。
お店の中は、ジュリーとキャンディーズとプレスリーのポスターやレコードジャケットが
壁一面に飾られていて、昭和な感じが漂っていました。
一見職人っぽい雰囲気なマスターは、お話を始めるととても気さくで、
ジュリーの話で盛り上がっていました~。


その後は、テリーヌ食堂の近くにあるケーキ屋さん、アンジェココへ。
b0128589_178755.jpg
お菓子の国に迷い込んだかのような可愛いお店です。
店内は写真NGでしたが、これまで見たことないくらい、たっくさんのケーキが並んでいて、
選ぶのが一苦労。
b0128589_17111795.jpg
お留守番のume夫には、可愛い栗のケーキ。
b0128589_17115659.jpg
私はオレンジ&チョコのケーキ。

どちらのお店も、またぜひ行ってみたい~。 機会があればぜひ行ってみてくださいね~。
[PR]
by ume-no_ivory | 2015-10-24 17:19 | おでかけ | Trackback | Comments(2)

9月頃からかなり体調が安定してきたume夫。
そろそろお試し旅行をしたいね。。と、急に思い立って一泊旅行を
決行しました。

いろんな制約がある中、ネットとガイドブックで行けそうなところをチェック
しました。
 ☆これまでに行き慣れている場所で、何かあればすぐに帰って来れる距離。
 ☆宿は、清潔に掃除が行き届いていて、大浴場でなく部屋風呂であること。
 ☆お料理込みであれば、食べられないものなどの要望を聞いてくれること。
 ☆疲れたときは宿でゆっくりしたいので、チェックインが早くアウトが遅い宿。


そして、決めた行先と宿。
b0128589_21172194.jpg

5日6日の2日間で、湯布院の草屋根の宿 龍のひげ/別邸ゆむた
泊まってきました。


9月30日の外来で、免疫抑制剤のプログラフが朝0.4mg夜0.2mgから、
朝夜ともに0.2mgに減薬になっていて、これまでの経験から行くと
減薬の影響が出るのが減らしてから約1週間後くらいなので、
行くなら今週か、半月くらいあとか。。。
やっと見つけた条件に合う『龍のひげ/別邸ゆむた』は、大人限定の宿で
予約が取れにくい中、ちょうどその2日間に空室があり、
私の仕事の予定も、今週は金曜だけしか入っておらず、
月曜から木曜までポッカリと空いていたのです。 

今回は、これまで約2年1ヶ月の闘病生活のご褒美と、
どれくらい体力がついたかのお試し&リハビリ旅行。
モモとチョコがいた頃から、ほとんど泊りの旅行にも行かなかった私たちに
とって、いろんな意味で、とても大切な記念旅行になりました。

覚書も兼ねて、このあとボチボチと旅の報告の記事をUPしていきたいと思います。
[PR]
by ume-no_ivory | 2015-10-08 21:30 | おでかけ | Trackback | Comments(2)

Happy Wedding☆


b0128589_21502686.jpg
澄み切った青空のもと、この時にご招待を受けた結婚式に、参列させていただくことが出来ました。

b0128589_21523336.jpg
ステンドグラスが美しい教会。
b0128589_2158359.jpg
挙式だけの出席でしたが、体重が減り過ぎて着られるスーツがないume夫、
ちょっとカジュアルな服で、私もそれに合わせた服装で。
前日にマニキュア塗って、アイシャドウとかマスカラとか使うの久しぶりだなぁと思いながら、
きちんとメイクしていきました(笑)。

b0128589_21584533.jpg
教会のドアが開いて、Yちゃんとお父さんの姿が現れた瞬間から、
ume夫が笑いをこらえちゃうくらい涙が止まりませんでした。
だって、小学校のころから知ってるんだもんね~。
b0128589_2204684.jpg
夫婦の誓いをたてて式場を後にする二人の後ろ姿に、
ありきたりですが、これからは二人で力を合わせて、楽しい笑顔の絶えない家庭を築いてね。
普通の言葉で。。。普通の幸せが永遠に続くことを祈りました。
b0128589_2265739.jpg
2人の輝くまぶしい笑顔。
私の後ろに立っておられた新郎さんのおばさまたちが、
「T君のあんなに笑った顔始めて見たね~。」って、笑顔で話しておられましたよ~♪


この晴れの日に、病み上がりのume夫と私を招待してくださったmorimori家。
私たちにとって、この日を元気にクリアできることが一つの目標になったこと、
morimoriさんには心から感謝しています。 
お二人の門出に立ち会えて、幸せなひとときをありがとうございました。
[PR]
by ume-no_ivory | 2015-09-23 22:31 | おでかけ | Trackback | Comments(2)

お墓参りへ


b0128589_21245123.jpg
今年の夏休み中、ご近所さんたちからのお出かけ土産の数々、
なぜかコーヒー&コーヒー。
あまりお出かけも出来ず、家で過ごしているume-no家を見ていて、
楽しいコーヒーブレイクをという気遣いの品々と思い、美味しくいただいています。

+ + +
13日お盆初日には、私の実家のお墓参りに行ってきました。
いつも実家のお墓守りをしてもらっていたお宅のおじちゃんの初盆だったので、
ume夫も頑張って一緒に行ってくれましたよ。

b0128589_21311348.jpg
途中少し寄り道をして、美味しいと評判の米粉クルミパンを買いに『筑前みなみの里』に寄ってみました。
ある方のイチオシパンということで、期待以上の美味しさ。
また買いに行かなくっちゃ~。
b0128589_21333756.jpg
みなみの里の駐車場に入ると、予想外に目の前いっぱいに広がるヒマワリ畑。
今年の夏は、こんな光景に出合う機会はないと思っていたので、嬉し~♪
思いがけないご褒美となりました。

初盆参りとお墓掃除を無事に終わらせて、ちょうどお昼時になったので、
お墓参りのあとにいつも寄っていた『まぁぼや』に行ってみました。
30分待ちでしたが、比較的涼しくて日陰の駐車場を確保できたので待ちましたよ~。
待ってる間に、小学校時代からの幼馴染と偶然会ったりして、あっという間に
順番が回ってきました。
b0128589_21374610.jpg
久しぶりに行ったら、100円値上がりしてました。
といっても、このセットで680円。メチャ安ですよね。
さすがにume夫は辛さ控え目にしましたが、ほとんど完食できました。


そして。。。今日は、ume夫の実家から、両親と兄弟たちがやって来てくれました。
普段、なかなか話す機会も会う機会もないので、わずかな時間でしたが、
一緒にお昼を食べて過ごすことが出来ました。


+ + +
この数日も、ume夫は少し調子が悪い日もあって、担当病棟に電話を入れて
薬の指示をもらったりしましたが、緊急で外来受診することもなく、どうにか普通に
生活できました。
そんななかで、車で一時間ほどの距離とはいえ、お墓参りにも出かけることが出来て、
ハラハラドキドキ大満足な数日間でした。
明日からは、また仕事も始まり、通常の日々に戻ります。
[PR]
by ume-no_ivory | 2015-08-16 21:50 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

電車でGO!


夏の暑さと陽射しを避けるため、毎日家にこもっている私達ですが、
なるべく日にあたらないお出かけを考えて、いよいよ実行しました。
b0128589_1412356.jpg
久しぶりのホームです~。
私が週末着付けのお仕事をしてた頃は、始業時間によっては良く使っていたJR駅。
駅まではバスもあるのですが、今回は車で行って、一番歩かなくて良い駐車場に
車を停めてから駅へ。
b0128589_14141321.jpg
電車が到着♬  

帰省ラッシュも始まっているのか、大きな荷物を持った人たちもたくさんいました。
今回は、電車に乗って博多駅まで行き、お昼を食べて帰るのが主な目的です。

b0128589_14172281.jpg
その前にちょっとぶらっと、阪急の中の栗原はるみさんのお店で、鍋の蓋を買いました。
20㎝と22㎝のフライパンどちらにもピッタリサイズ。
少し離れた場所に売ってた我が家定番のフライパンのところまで蓋を持って行って、
サイズが合うのを何度も確かめて、やっと決めました。

これまで使っていた右側の黒い方も、どちらのサイズにも使えて便利だったのですが。。
b0128589_1421614.jpg
塗装が剥げて気になっていたので、ちょうど良い買い換えになりました。


お昼は早目に人が空いている間にお店に入ろうと言っていたのに、
久しぶりの街中に目移りしてると、あっという間に12時になり、
駅ビル上の食堂街『くうてん』は、たくさんの人でいっぱいになってしまいました。
b0128589_14222730.jpg
待ち時間のなさそうな名古屋名物みそかつの矢場とんに入りました。
運ばれてきたトンカツに、たっぷりのみそダレをかけてくれます。
b0128589_14285125.jpg
私は串カツ。 半分みそダレ半分はソース。

こちらは醤油やだしの色も薄いのに慣れているので、真っ黒に見えるみそダレは、
とっても味が濃いイメージでしたが、意外にもアッサリと美味しくいただけました。

b0128589_14302491.jpg
くうてんの広い窓からは、博多駅前のオフィス街も一望に出来ます。
気持ちいいね~。

そのあとちょっと休憩にお茶して、少し前に構内にオープンした有名パン屋さん『シロヤ』で、
パンを買って帰りました。
多いときには1時間待ちとかあったみたいですが、たまたま運が良くて2.3組のお客さんだけで
すぐに買えました。
b0128589_1432433.jpg
家に戻ったら2人とも疲れた~。
楽しみしていたシロヤのオムレットも入らず、夕食後のデザートになっちゃいました。

ほんの数時間のお出かけでしたが、久しぶりの電車ごっご、楽しかったです。
[PR]
by ume-no_ivory | 2015-08-11 14:41 | おでかけ | Trackback | Comments(0)