うめ*モモ*桜 mokotoko.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

花とわんことhandmade


by ume-no_ivory
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:わんこ( 174 )


10月6日、旅立ちです。


老犬ホームトップさんの見学に行ってきました。
朝9時に家を出て、帰りは休憩しながら帰ってきたので、
4時くらいになってしまいました。

犬舎に入るとたくさんのワンちゃんが、私を飼い主さんが来たと思って、
大歓迎。
かなり歳をとった子や、病気で風貌が変わっているような子もいて、
少しショックでしたが、スタッフの方にお話を聞けば聞くほど、
犬の事に精通されていて、丁寧にお世話をしてくださっているのがわかりました。

ume-no家のワンコに対する考えは、『犬は犬としての幸せを考える』
というもの。
家族として大切にはしていますが、子供のようには思っておらず、
なるべく犬らしく生活させてやりたいと(それが実行できていたかはわかりませんが。。)
思いながら育ててきました。

トップさんの考え方と、私たちの考え方が一致していたのが、決め手かな。


今度の日曜に、お迎えに来ていただくことになりました。
悲しいです、淋しいです、可哀そうです、もういろんな感情が
ごちゃ混ぜになって、どうしていいかわからないくらい。

でも、今の現実の中で、最善の方法をとったと信じて、
モモとチョコにも頑張ってもらいたいと思います。
元気になった夫と一緒に、必ず迎えに行きます。


夕方家に戻って一休みして、ワンズに晩ご飯をあげてから、
初めて夕方から病院へ。
(トップさんの食事時間が、朝8時と夕方4時なので、
なるべくそれに近い時間に変更し始めていました。)

ume夫はまだ絶食中。
明日の血液検査で、膵臓の数値がよくなっていれば、食事が始まります。
入院時の体重は73キロ、点滴が始まり75キロまで増えましたが、
朝夕体重を量り、74キロ以上になったら利尿剤を打たれていました。
今は点滴の量も減り、むくみも減って、今日は66キロになっていたそうです。
あ~、約10年前の体重ですよ。
退院に向けて少しずつ体力UPに励まなければなりません。
[PR]
by ume-no_ivory | 2013-10-01 22:15 | わんこ | Trackback | Comments(2)


b0128589_18454969.jpg
さっき病院から戻ってきてベランダに出てみると、大きな虹が出ていました。
b0128589_18462837.jpg
カメラに入りきれないくらい大きな大きな虹。
モモとチョコの事も、少し解決に向かっています。



明日、老犬ホームの見学に行きます。
熊本県菊池市にある老犬ホームトップ
少し遠いですが、ネットで見つけて何度かメールのやりとりをしたところ、
信頼できる施設だと確信しました。

いろんな方法を考えました。
たくさん泣きました。

b0128589_18503516.jpg
可愛い2匹のために、今できる最善のことを選択しようと思います。
b0128589_18511529.jpg
今は少しでも2匹のそばにいられるよう、少し早目に病院を出てきています。


夫は、副作用もかなり治まって、気分は良くなってきたようです。
でも、まだ膵炎が完全には治っていないので、絶食は続いています。
あ~、カツ丼。。。天ぷら。。。ピザ。。。冷麺。。。
テレビを見ていろいろ想像しているみたい(笑)。
今なら嫌いな野菜も食べられそうな気がするそうで、それはスゴイことです。
帰りに私が部屋を出る瞬間、「誰か素うどんでもいいから食べさせろ~!」
と叫んでいたume夫。

安心して家路につきました。
[PR]
by ume-no_ivory | 2013-09-30 18:58 | わんこ | Trackback | Comments(0)

まだ絶食は続いていますが、膵臓の数値も少しずつ良くなってきていて、
昨日はかなり調子がよくなっていました。
今日は少しダルいと言っていましたが、先生のお話によると、
抗がん剤を始めてからずっと点滴していたプレドニンというステロイド剤の量を
少しずつ減らしているからだと言うことでした。
自力で元気が出るよう、頑張りましょうとのこと。

上手くいけば10月の2週目あたまには一時帰宅できそうだと言うことです。
喜んだのもつかの間。。。。。
ペットは不可!と。。。。。
家に戻る前には、ハウスクリーニングをしっかりするようにとまで、
言われてしまいました。


順調に快復しているチョコですが、ここのところモモも少し元気がないので、
今朝は一緒に診察してもらいました。
チョコはあと一週間お薬を飲むことになり、モモは、咳がよく出ているので、
レントゲンを撮ってもらうと、心臓が2年前に撮った時と比べて、
かなり肥大していました。


そのような状態の2匹を手放すのは、考えられなくて、胸が痛くて痛くて、
どうにかなりそうです。
最終的には実家に引き取ってもらうことになるのでしょうが、
実は実家のメンバーは、犬が得意ではありません。
どうしても泊まりで出かけるとき何度か預かってもらったことはありますが、
普段モモとチョコに会っても、ほとんど触ったこともないくらいなので、
こんな状態の2匹の面倒を見てもらうのは、きっととても大変なことに
なりそうです。

やっと退院のめどが立ったというのに。。。良い方法をご存知の方、
ぜひアドバイスお願いします。


 *  *  *  *  *

実家に相談したところ、短期間ならばできるけれど、いつまでかわからない
今の状態ならば自信がないと、返事がありました。

今、老犬ホームを検討中です。
モモとチョコには、この年齢になって大変なストレスをかけてしまうことに
なってしまいそうですが。。。家族みんなで頑張るしかありませんね。
昨夜も、私が部屋を行き来するたびに、近くへ移動しながら眠る二匹の姿に、
涙しました。
[PR]
by ume-no_ivory | 2013-09-28 18:39 | わんこ | Trackback | Comments(8)

b0128589_2216329.jpg
昨夜遅く、チョコに異変が。。。
足元がふらついているのに部屋の中を徘徊し始めて、
なんども水を飲み、なんどもトイレに行き、ずっとウロウロしていました。
しまいには、足を踏ん張ることが出来ず、倒れそうになったり。

夜間救急動物病院に電話を入れ、連れて行ったほうがいい状態なのか
尋ねると、様子を見てからでも良いかもと言うお返事。
歩き回って狭いところに挟まったり、何かにぶつかって上から物が
落ちてこないようにと、注意することを教えていただき、様子を見ていましたが、
やはりかなりおかしいので、病院に連れて行くことにしました。

が、一人ではとても行けそうになく、近くに住む親戚夫婦に頼み、
一緒に連れて行ってもらいました。


何人もの先生やスタッフの方がおられて、とても丁寧に真剣に優しく診察を
していただきました。

結果は、私が膀胱炎と思っていたのは子宮内膜症だったようで、
おしっこを失敗して尻尾についてると思ったのは、膿が出ていたのでした。
徘徊は、もしかしたら脳梗塞とか。。。と言うことで、いくつかチェックを
していただいた結果、どちらかと言うと神経系ということ。
MRIやCTをとらないと、はっきりした診断は出来ないと言うことでしたが、
高齢のため、それらをやるための麻酔に耐えられない可能性が高く、
このまま様子見の方が安全と言うことでした。

夜中の1時過ぎに家に戻り、チョコのためにケージを大きく作り直し、
少し見ていると、さすがに疲れたのか、やっと眠ってくれました。

朝起きて、ケージをしっかりしたものに作り直し、
かかりつけの病院へ。
結果、やはり高齢のため、MRIやCTをとったり手術をするよりも、
注射や点滴で病気を散らした方が良いと言うことです。


夫の病気のことで頭がいっぱいで、毎日バタバタと動き回って、
モモやチョコのことをちゃんと見ていませんでした。
ごめんね、ごめんね、ごめんね。。。。。

昨日の夕方から、夫の副作用が少し治まって来ていたので、
今日は少し遅めに行き早目に帰ってきました。
夫に報告をして、病室で二人で泣きました。
イザという時、私一人では判断できないことがあるかもと、
夫の考えをしっかり伝えてくれて、今後の事も話し合いました。


一度戻った後、また買い物にバタバタと行って帰ってくると、
ケージの中からチョコが尻尾を振って迎えてくれました。
あ~、少し元気になったみたいです。
今、パソコンを打つ私の側で、よく眠っています。


夫は、昨日リクエストされたケンタッキーを持って行くと、
一本とポテトを半分食べられました。
シャワーに行くのに少し歩いただけでも息が上がっていたのに、
私が帰った後も、ベッドに横にならず、頑張ってリハビリをしたんだそうです。


私、少しまわりが見えなくなっていました。
今日戻ってきたら、マンションのお友達がおかずを2品用意してくれていました。
丁寧に作られたそれらを食べながら、今だからこそ周りに気を配り、
もっと丁寧に過ごさなければいけないと、反省しました。
[PR]
by ume-no_ivory | 2013-09-24 22:48 | わんこ | Trackback | Comments(0)

b0128589_7124478.jpg
待ちに待ったこの日。
15歳以上のワンニャンが、西日本新聞紙上に掲載されました。

最高齢のワンちゃんは21歳、猫ちゃんは24歳。
そこまで来ると写真入りですが、モモはまだまだ若造です。

それ以上の高齢の子や15歳以上の子もいるはずなのですが、
狂犬病やワクチンなど、適正な飼育をしていて、
ペットクリニックで申し込みをした子が掲載されています。
毎年表彰の方法は違うようですが、
まだ、申込みしたことないわ~という、福岡市の15歳以上の
ワンニャンちゃん、来年はぜひどうぞ。 
   
チョコも来年15歳、一緒に表彰してもらえるように元気でいようね。


    *  *  *  *  *

今日は、移植に向けて、夫の兄弟の血液検査。
血液型が合うと、ドナーになってもらい移植が可能になります。
三人兄弟の夫、お母さんたくさん産んでてくれてありがとう。
どちらか一人でも、血液型が合うよう、祈るような気持ちです。
[PR]
by ume-no_ivory | 2013-09-23 07:23 | わんこ | Trackback | Comments(4)

9月23日の西日本新聞


遠くの方は西日本新聞ご存じないと思うのですが。。。

9月23日の紙面で、モモちゃん15歳の表彰記事が出ます。

15歳以上のワンちゃんがたくさん名前を連ねるはずなので、
モモの名前なんて埋もれて探し出すのも大変かと思いますが、
もし、西日本新聞を見る機会があったら、ぜひ探してみてください。
[PR]
by ume-no_ivory | 2013-09-22 22:02 | わんこ | Trackback | Comments(0)

Happy Birthday, momo♪♪


b0128589_19192876.jpg
モモちゃん15歳~、 おめでとう☆

今年の夏は、連日猛暑日続きで暑かった割には、
元気で乗り越えることが出来ました。
去年は病院通いが続いていたので、モモの回復力には本当に驚かされます。

2009年の春に首のしこりに気づき、悪性リンパ腫で余命一年と言われてから、
もう4年半がたちました。
しこりは、体調が悪いときには少し腫れることもありますが、
(腫れるから体調が悪くなるのか、どっちかな?)
でも、なんだかとっても元気で、ご近所さんからも動物病院の先生からも、
若々しいね!と褒められています。

福岡市では、15歳になると市からの表彰をうけることができるので、
今年はさっそく申し込みました。
その表彰については、来週発表になるので(大げさですが。。。)
またご報告しますね。

b0128589_1926372.jpg
少しおばあちゃん顔になってきて、白髪いっぱい、ヨダレたらす、目やについてる、
お耳聞こえない、お口くちゃ~いetc. 老化現象いっぱいですが、
どんなに汚くなっても、私達にとってはいつまでも可愛いモモちゃんです。

今年は、夫の病気のことがあり、モモの誕生日を一瞬忘れていましたが、
ある方の励ましのコメントでしっかり思い出しました。


b0128589_19321858.jpg
チョコの膀胱炎も、ほとんどわからないくらいに回復しました。


夫が戻ってくる日まで、2匹&私でしっかり家を守っていきますよっ。
[PR]
by ume-no_ivory | 2013-09-14 19:37 | わんこ | Trackback | Comments(10)

今日で入院9日目。
副作用が軽くなってきていて、2時過ぎに持って、行った小さなおにぎりと、
ケンタッキーを一本とフライドポテトを数本食べることが出来ました。

b0128589_21463285.jpg
我が家でお留守番中のモモとチョコ。
普段ume夫が帰ってくるまで玄関で待っているのですが、
不思議なことに入院してからは、ほとんどリビングにいるのです。
そしてお散歩から戻ると、とりあえず寝室の前で、夫がいないか確認。
フン!今日もいないぜ。。。って感じでリビングのお決まりの位置へ行きます。

b0128589_21504262.jpg
何かいつもとは違うことを感じている2匹ですが、
おとといの夜からチョコの体調がおかしいことに気づきました。
昨日の朝ペットクリニックへ行くと、膀胱炎でしょうと。
入院からしばらく、雨が降っていたこともあって、お散歩にも行けなかったし、
かまってあげられなくて、ごめんね。

お薬のおかげでチョコもだいぶん元気になってきました。
[PR]
by ume-no_ivory | 2013-09-10 21:53 | わんこ | Trackback | Comments(4)

モモの笑顔。


b0128589_1635216.jpg
朝起きてみたら、リビングのカーテンに五線音符が~♪♪
ベランダの物干しの影が映っていただけなのですが、
朝から楽しい気分になりました。

b0128589_1637342.jpg
自分でパンを焼くようになってから、
焼きたてをワンコ達にもあげることが時々あります。
この日はホットケーキだったのですが、パンと同じような香りに、
モモちゃんノリノリ~。
普段私達が食べているものを欲しがることはほとんどないのですが、
パンだけは特別のようで、もらえないときにでもしっぽフリフリで
笑顔笑顔のモモです。

b0128589_1640680.jpg
来月で15歳になるモモ。
お顔のまわりもだいぶ白髪が増えてきました。
[PR]
by ume-no_ivory | 2013-08-10 16:33 | わんこ | Trackback | Comments(0)

チョコちゃん、ピンチ!


b0128589_17184243.jpg
見た目よりずっと、骨が細いチョコちゃん。
数日前から右前脚がおかしくて、少し浮かせて歩いています。
いろいろ触ってみたものの、痛がる様子はなく、でも足が言うこときかない。。。。
そんな感じです。

実は2週間ほど前から、お散歩の途中で足のたぐりが悪くなることがあり、
だけどとっても元気で、暑さの割には食欲もあり、何の心配もしていませんでした。

b0128589_17215512.jpg
フローリングの床には、ワンコが歩く部分だけ、
重さと厚みのあるタイルカーペットを敷いています。

b0128589_1723114.jpg
50㎝角のこのマット、動きにくくて滑りにくくて重宝しているのですが、
汚れたときに洗うのが大変。 重くて洗いにくくて干しにくい。

ちょっと前に、軽くて洗いやすい素材の30㎝角と45㎝角のタイルカーペットを、
ベルメゾンで購入していました。
しっかり床掃除をしてから敷くつもりでしたが、チョコちゃんのために敷きなおしました。

b0128589_1745238.jpg
必要な部分だけ、全部新しいマットに替えるつもりでしたが、
滑りやすいところはなるべくなくしてやりたいので、
これまでのマットと併用して、敷く面積を増やしました。

b0128589_17463855.jpg
ケージの入り口に、少しだけ段差があって、
お水だけ飲む時に、ケージに入るのに時間がかかります。
こちらは連日35℃を記録する猛暑、水を飲まなくなって熱中症にでもなったら大変。
外側にもお散歩用の水飲み皿を置いてやりました。
これで快適に水を飲めているようです。

早く良くなれ~、頑張れチョコちゃん!
[PR]
by ume-no_ivory | 2013-08-01 17:50 | わんこ | Trackback | Comments(6)