うめ*モモ*桜 mokotoko.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

花とわんことhandmade


by ume-no_ivory
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2008年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧


オリーブの花


b0128589_17324284.jpg
今年もオリーブの花が咲きました。
オリーブは、違う品種の木を2本以上一緒に育てないと、結実しないので、
頑張って狭いベランダで2本育てています。
そのおかげで、去年初めて自分の育てたオリーブの実を少しだけですが収穫することが出来ました。

その一本が、冬の大風の日、50センチ位のところから折れてしまいました。
海辺の我が家は、冬になると立ってられないくらいの風が吹くことがあります。
でも、普通は倒れたくらいでは折れそうにないのに、倒れた場所が悪くて・・・

それでも、折れたところから、少しずつ新しい枝と葉がでてきて、植物の生命力に驚いています。
来年は、花が咲くかなぁ。

b0128589_17402838.jpg
花が咲いたほうのオリーブは、背丈も高くなり、向かい側の棟からの目隠しにも、少しだけ役立っています。
[PR]
by ume-no_ivory | 2008-05-30 17:43 | ガーデニング | Trackback | Comments(0)

ランの植え替え


b0128589_15282933.jpg
出窓で咲いていたコチョウランが、そろそろ満開になったので花を切り取って植え替えをしました。
こんな風に、根が鉢の外まで出てきています。

 


b0128589_15301514.jpg
私の植え替えの目安は2年。もちろんその鉢の状態を見て変わることもしばしばですが。
鉢を割って水ゴケを取り除くと、こんな感じです。




b0128589_15321020.jpg
枯れた根や、きたない根を取り除きます。
左側の黒い部分が今回取り除いた根です。
調子の悪い株だと、根が1,2本しか残らないこともあります。
元気な根は、なるべく傷つけないように注意。


b0128589_1536508.jpg水ゴケを根に巻きつけます。
ランの植え込み材には、バークやそのほかの物もいろいろありますが、水やりの目安がわかり易いので、私はもっぱら水ゴケを愛用しています。
この時、鉢の中にはネットを敷き、発泡スチロールを小さくちぎって底石代わりに入れます。


b0128589_15425233.jpg完成図。
ラベルには、ランの種類や(名前がわからない時は、色や特徴を記入)植え替えの日を記入します。この時、油性ペンとかで書きがちですが、一番消えないのはナント鉛筆なのです。



b0128589_15453397.jpg
切り取った花は、これからまだひと月くらいは、花びんに挿して楽しめます。
ホントは、ずっと株に咲いたままで楽しみたいところですが、そうすると株が弱ってしまい、翌年の花つきが悪くなってしまうのです。



この写真の左側のピンクのランは、去年は38輪も花をつけました。
欲張って、ずっとそのままにしていたので、残念ながら今年は12輪しか咲きませんでした。

今年は、思ったより開花が遅く、植え替えも遅れてしまいました。
今日の植え替えは全部で6株。
これから約二週間、水やりを控えて、鉢の中で新しい根が伸びだすのを待つのです。
[PR]
by ume-no_ivory | 2008-05-28 15:56 | ガーデニング | Trackback | Comments(6)

まだかな、まだかな?


b0128589_2133251.jpg
うちの夫がでかけた後は、しばらくの間、二匹とも玄関前の廊下でドアを見つめています。
こっちへおいでと呼ぶと、とりあえず私のところへ来るものの、また玄関へ。
しばらくすると、あきらめてリビングに戻ってきます。

不思議なことに、夫が戻ってくる頃になると、またこの体制に入ります。




廊下はフローリングなので、滑り止めにコルクのシートを敷いています。


b0128589_21373610.jpgこれは、朝夫が起きてくるまでの様子。
いつでもお迎えできるように、寝室のドアの前で二度寝します。
最近暑くなった割には、まだ冬毛が抜け替わらず、かなりオデブに見えますが・・・・
夜はいつも自分のハウスの中で寝ていますが、
朝起きて出してもらった後、昼間の間はリビングと廊下を自由に行き来しています。


ワンコたちに甘い夫は、二匹のアイドルのようです。
[PR]
by ume-no_ivory | 2008-05-26 22:01 | わんこ | Trackback | Comments(0)

オープンガーデンツアー


ガーデニングの先生主催の、オープンガーデンのツアーに参加してきました。

b0128589_22251667.jpg

オープンガーデンとは、公共の公園や施設ではなく、個人のお宅のお庭を一定の期間だけ公開して見学させていただくと、いうものです。
今回は、ガーデニング教室に通っている方たちが、オーナーさんになって下さり、一日で4件のお庭を見学しました。  


b0128589_22354684.jpg

b0128589_2228843.jpg
                                                          






どのおうちも、作り物ではなくとても自然なお庭で、毎日の手入れと植物に対する愛情がよく現れていました。

b0128589_22262378.jpg
我が家はマンションなので、日頃狭いガーデニングスペースしか見慣れていないません。
お庭いっぱいに咲き乱れる花々に、最初から最後まで圧倒されっぱなしでした。



b0128589_22324653.jpgb0128589_2233290.jpg










見学後、久留米市の「花伝」(ハナデン)という花生産者のお店へ。
オープンガーデンの感動のあとだったので、みんな買いまくっています。
私も、ちいさなバラと少しだけ花苗を買いました。
「花伝」は、北野の田んぼの中に、今年の春に開店したお店です。
オーナーさんは、若いけれど何を聞いても詳しくて、私に合った苗を選べたと思います。
  「花伝」 久留米市北野町金島122-7  電話0942-78-7388

同じく北野町の「ブルーベリーの村」へ。
b0128589_22553559.jpg7月8月だけ入園料を支払って、ブルーベリー狩りが出来ます。
それ以外は、入園料なしで入場できて、ブルーベリーの苗や加工品、花苗や雑貨を購入できます。
そこで食べたブルーベリーアイスクリーム。
これがもうゼッッピ~~ン絶品!!!!
季節はずれでも、このためだけに行って来るのもおススメですよ。

ガーデニングの記事なのに、結局食べ物の話にたどり着いてしまいましたが、
これからしばらくは、ベランダにいる時間が増えそうな予感がしている私です。
[PR]
by ume-no_ivory | 2008-05-24 23:09 | ガーデニング | Trackback | Comments(0)

うきはへ


新緑に誘われて、今月はおでかけが多いです。
昨日は友人たちと、うきは方面に。
まずは、甘木から田主丸に向かう途中の旬の庭へ。
花苗の生産販売のお店です。
この道を通る時には、関所のように寄ってしまいます。
一緒に行った友人たちが花屋さん友達なので、見たこともない花まで詳しいのナンの。
苗を車に乗せてまわる訳にいかないので、結局帰りに、もう一度寄ることに。

次は、田主丸のシェ・サガラ
田舎のパン屋さんにしては美味しいと、時々立ち寄っていたけど、HPを見たらなんだかすごい賞を取っている方のお店でした。
おいしいパンを買って大満足。
山苞の道を通って、お昼の目的地ぶどうのたねへ向かいます。
ランチは、「隣りのごはん」(と、言うメニュー)を堪能。
みんな、帰りに「となりの売店」で、メニューの中の大豆からあげと鉄火味噌を買っていました。

お腹いっぱいになったところで、友達のリクエストで小石原の鶴見窯へ。
22日から、アクロス福岡で小石原焼のイベントがあるため、陳列棚はスッカラカン。
残念ながら、今回はお持ち帰りなしです。
窯元さんといっぱいお話できたので、厚かましくも欲しい器のリクエストをたくさんして、
次回に持越しです。

最後に、フジイのはちみつで、
b0128589_1114863.jpgたくさんの中から、迷った挙句アカシアはちみつに決定。

いつものことながら、写真撮るよりおしゃべりと食欲にかまけて、画像は家に戻って撮ったはちみつさんだけになりました。
[PR]
by ume-no_ivory | 2008-05-22 11:22 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

b0128589_11512117.jpgはじめて育てたバラが、開花しました。
コンテス・セシル・シャブリアン。
名前からすると、肌色に近い淡いピンクの花を想像していましたが、はっきりしたピンク色です。
途中、アブラムシが発生して、それも蕾に緑の虫が群生しているのを見て、アブラムシともわからず、本屋さんへ駆け込んでやっとわかった次第。
どうにか開花までこぎつけました。

b0128589_1223018.jpg先日、夫の両親と駕与丁公園のバラ園にいって、感動しまくってきました。
今は、ちょっぴりバラモードに入っていて、もう少し育ててみたくなっちゃっています。
[PR]
by ume-no_ivory | 2008-05-19 12:03 | ガーデニング | Trackback | Comments(2)

料理教室


月に一度の料理教室に参加してきました。
b0128589_1794773.jpg
あさりご飯                  
新ごぼうと豚バラ肉のごま酢
春キャベツとそら豆の木の芽ドレッシングあえ
じゃがいもバター焼き

携帯で撮ったので画像が悪くて・・・
ホントはもっともっとおいしそうです。

いつもその月にピッタリのものを選んだメニューで、習いながらみんなして、食材の話から環境問題にまで話が弾みます。
食にまつわるたくさんの問題が浮上している昨今、今日のメニューのように季節感と少しアクのある食材を使うことは、とっても大切だと思いました。
お店でも出せるような料理にもかかわらず、家庭でも簡単に出来ちゃうやり方を教えてくれるところが、先生であるフミさんのスゴイところです。
 
普段はお食事の店ですが、週末だけこじんまりとした料理教室を開いてくれます。

  フミさんのお店 *** 茜家(あかねや)
                  福岡市中央区警固2-15-15-1F  
                  092-716-7627 
                    夜は要予約です。

         
[PR]
by ume-no_ivory | 2008-05-17 17:12 | ご飯 | Trackback | Comments(0)

とうがらしパスタ


b0128589_14454758.jpg誕生日に、RさんとMaoMaoからもらっていた、Annyのお気に入り の「とうがらしパスタ」b0128589_1450372.jpg








珍しくてとっていたけれど、ついにテーブルの上に登場してしまいました。
麺自体が、もう唐辛子色。
ペペロンチーノを作るならこれ!というキャッチコピーです。

我が家の最近の流行りのパスタは、春キャベツ&ベーコンかシーチキンをピエトロ
スパドレ*ごま醤油ガーリック*であえるもの。
この前、このシリーズの*ペペロンチーノ*もあるのに気づき、買って見ました。
b0128589_1515771.jpg今日は、麺がとうがらしなら、スパドレもペペロンチーノで、というわけです。
茹でながら、麺を味見してみると、これが結構ピリッとスパイシー。
春キャベツの甘さとこのピリッと感が、ちょうど良い具合にマッチング~!
[PR]
by ume-no_ivory | 2008-05-13 15:09 | ご飯 | Trackback | Comments(2)

胡蝶蘭咲き乱れ♪


出窓で育てている胡蝶蘭が、次々と開花しています。
デンドロビュームやカトレア・パフィオも、少し育てているけれど、
マンションの出窓という環境には胡蝶蘭が一番合っているようで、
何も特別なことはしなくても毎年綺麗な花を咲かせてくれます。

今年は、3月に暖かい日が多くて、4月のうちにはたくさん開花しそうだったのに、
その後気温がなかなか上がらなかったので、4月下旬くらいから咲き始める株が
多かったようです。
 
b0128589_1835149.jpgb0128589_18351541.jpg

日高農園で生まれたラン。



通常、胡蝶蘭は、子株から新しい株を育てますが、この子達は日高農園で「種」から育ったランです。そのせいかとても丈夫で、毎年綺麗な花をたくさんつけてくれます。


b0128589_18352755.jpg
水本税理士さんから預っているラン。
開業祝にもらわれたランですが、かなり痛んでいたので、我が家で預かりました。
3株あったのに根腐れしていて1株に。
うちに来て3年目の今年、初めて花が咲きました。


b0128589_1835521.jpg
大きな真っ白な花。
よくお店で見かけるのは、茎を誘導してありますが、私はこんな風にそのまま自然に下がった
感じで咲くのが好き。



b0128589_18354012.jpg

べノリス。前にブログで紹介した、我が家に来て10年目のラン。
ランを育て始めたきっかけの株です。



このほかにも、まだまだ開花中。
あとひと月くらい、出窓は胡蝶蘭でいっぱいです。
[PR]
by ume-no_ivory | 2008-05-11 18:54 | ガーデニング | Trackback | Comments(2)

熊本城



熊本城
の本丸御殿が復元されたというニュースを見て、
行って来ました。
ゴールデンウィークに3時間待ち見学時間15分でも大満足だった
というおじさんがニュースに出てて、そんなに凄いなら行って見ようと思って。

さすがに平日だったので、まったく待つことなく見ることが出来ました。

二の丸駐車場に停めて、まず宇土櫓へ。
建立当時の姿を残す木造の櫓だけあって、中の作りも古い中にも
風格がありました。
歩くとミシミシと音がしたり、階段の一段一段が今のものより高かったり、
その頃に思いを馳せてしまいます。
壁には銃眼があって、戦いの時にはここから外を監視したり、
銃をうったりしていたそうです。

その後、目的の本丸御殿へ。
大広間から若松乃間、昭君乃間へと奥へ進むにつれて、造りも材質も絵も
どんどん素晴らしく変わっていきます。
お殿様の権力や身分の違いとはこういうものかと感じられます。

天守閣へ。
6階まであるのですが、階段を上りながら、熊本の歴史や復元作業
などについての展示を見て行くので、そんなに高くまで登った気がしません。

b0128589_1549168.jpg

表から見ると、堂々とした立派なものですが、宇土櫓を先に見てしまったので、
ここの内部は展示場という感じにしか感じられませんでした。

熊本城郭をブラブラして、歩いて旧細川刑部邸へ。
加藤清正公の強いイメージとは反対に、細川家は文化的な感じが漂います。
風雅で物静かな格式ある御邸でした。

熊本城ガイドには、ここまでで約90分とあるけれど、
私達は3時間くらいかかってしまいました。

繁華街へでて、遅い昼食。熊本へ来たからにはと、味千ラーメン食べました。


その後、水前寺成趣園へ。
b0128589_1653510.jpg

私が水前寺公園と思っていたところは、正式にはこう呼びます。
細川家ゆかりの寺と御茶屋があります。
朝からずっと歩き回っていたので、他にもいろいろ回る予定が、
ここでタイムアウト(笑)。

熊本城と熊本の街で遊ぶつもりの一日が、思いがけず歴史探訪の
まじめな充実したものになりました。
[PR]
by ume-no_ivory | 2008-05-09 15:59 | おでかけ | Trackback | Comments(0)