うめ*モモ*桜 mokotoko.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

花とわんことhandmade


by ume-no_ivory
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2009年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧


巣篭もり 2009夏編


半年振りに巣篭もりの季節がやってきました。
相変わらずのチョコ、仮想妊娠のあとの仮想子育て中です。
b0128589_2316577.jpg

今回は、ダンボールのおうち。
前に使っていたモコモコハウスを処分してしまったので、
落ち着く空間がなくなったのでしょう。
部屋の隅の壁をホリホリしまくって、2ヶ所もクロスをはがしてしまいました。
それで、スーパーからダンボールをもらってきて、ホリホリしていた場所に置いてみると、
しばらくは無視していましたが、やっと中でくつろぐようになりました。

b0128589_23213626.jpg

上から見たところ。
破れたクロスを隠しつつ、なるべく狭い感じ(犬は狭い所が落ち着くそうで)に置いてみました。
これならどんなにホリホリしても、怒られないよ~!
[PR]
by ume-no_ivory | 2009-06-30 23:26 | わんこ | Trackback | Comments(0)

ピンタックキャミソール


b0128589_1185285.jpg

ピンタックにはまっています。
polka dropsさんの型紙で、チュニック丈のキャミソールを作りました。

サッカー素材の生地だったので、ピンタックを入れるのは難しいかなぁと思い、
polka dropsさんにメールでお尋ねしたら、生地としては縫いにくくはないけれど、
デザインポイントとしての、ピンタックの効果が少し薄れるかも・・・等、
丁寧なアドバイスを頂きました。

もうこの生地で作りたいモードに入っていたので、そのまま製作。
出来てみたら、やっぱりアドバイスどおりピンタックなのか、
ギャザーなのかよくわからない感じです。
チェック柄も、ピンタックの幅と合わなくて、ちょっと変になってしまいました。

いろいろやってみてわかること、たくさんありますね。
でもピンタック、少しずつ上手くなってきましたよ~。
[PR]
by ume-no_ivory | 2009-06-29 11:12 | ハンドメイド | Trackback | Comments(0)

習字教室


今年に入って、習字教室に通い始めました。
と言っても、学生時代の先輩が先生なので、ちょっとしたお楽しみ会気分です。
約2ヶ月間お休みしていたので、次回の教室のお誘いのお手紙をいただきました。

b0128589_10513694.jpg

こんなに美しいお手紙をもらったのは初めてなので、感激しました。
先生は、私の知る限りでももう30年以上書道を続けられています。
普段の佇まいも、私みたいにガサツじゃなくて優雅でしなやか、文字以外にも
見習う所がたくさんです。

b0128589_1056416.jpg
書道用具は、これまた母が使っていた古い物。
偶然にも硯の周りには、私のトレードマークの梅が。
筆置きは、着付け仲間の先生が、沖縄土産に海で拾ってきてくださった珊瑚。
文鎮代わりに、丸いペーパーウエイトを使っています。

b0128589_10593118.jpg
練習したあとの半紙をどう処分してるか先生に尋ねたら、「キッチンで大活躍よ。」と。
以前は、着なくなった服などを小さくカットして、
ちょっとの汚れ拭きにこのカゴに入れていました。
今は、半紙入れです。
お皿に残った汚れをこさいだり、
シンク周りの水跳ねを拭いたり、
丈夫で水の吸いとりも良くて、まさに大活躍。
この場所の半紙が足りなくならないように、
しっかり練習あるのみ・・・です。
[PR]
by ume-no_ivory | 2009-06-24 11:10 | 暮らし | Trackback | Comments(0)

新しい食器


b0128589_13462029.jpg
ワンコの飲み水用の器を
新しく買い換えました。

ただの食器でも、犬用と名が付くだけで、1500円とか3000円とか、
目玉が飛び出るようなお値段のものがあります。


これは105円。
学校給食や病院食でもよく使われているメラミン素材です。

b0128589_134885.jpgもう10年以上使っていた
ステンレスの水入れ。
犬の足跡の模様入りで、
気に入っていたけれど、
そろそろ汚れが取れにくくなり
サビも出てきました。

ありがとう、長いことお世話になりました。


b0128589_13501820.jpg
これまでずっと使っているご飯用の陶器の器(向こう側)と、色も形も良く似ていて、
大小のお揃いのようです。
器は、食べたり飲んだりしやすいように、少し高さのある台に乗せています。


b0128589_13521724.jpg
100円ショップで見つけた
重ねて使う小さいコンテナ。
これを裏返すと・・・




b0128589_13535167.jpg
重ねるための爪があります。
この爪のおかげで、上に乗せた器が落ちることもありません。





新しくなった食器に大満足なのは、私。
ワンコ達は、『水、飲めりゃ~いいんだよ!』って、たぶん思ってます。
[PR]
by ume-no_ivory | 2009-06-19 14:08 | わんこ | Trackback | Comments(4)

古い器


b0128589_19583427.jpg
私が物心ついた頃には家にあった、それもその頃でさえ古めかしい感じがしていた器です。
もしかしたら、50年物以上かも。

実家では器の出番が決まっていて、左の大きいものはアジの南蛮漬け、
右の小さい物は肉じゃがか里芋の煮っころがし。
あと、サツマイモをふかした時には小石原焼の刷毛目の皿、冷やしソーメン用のガラスの器など。
私が使うようになった今でも、その器じゃないとなんだか〝感じ〟が出ない料理があるのです。

b0128589_2064087.jpg
今夜は、アジの南蛮漬け。
やっぱりこの器の出番です。

釣り好きな夫の実家のおかげで
私もアジやサバくらいは上手にさばけるようになってきました。
[PR]
by ume-no_ivory | 2009-06-16 20:12 | ご飯 | Trackback | Comments(0)

鉤針編みのストール


   しばらく家にこもっている間、ひたすら編み物をしていました。
   作っていたのは、アクリルタワシやコースター。
   かなりたくさん出来たのに、ほとんどがお嫁に行って
   手元になくなってしまいました。

b0128589_1295919.jpg

   そんな中、義母さんが編み図をコピーしてくれていたストールも
   涼しげなコットン糸で、何枚か編みました。
   少し肌寒い時や、日焼け防止に、これからの季節役立つと良いなぁ。
[PR]
by ume-no_ivory | 2009-06-12 12:16 | ハンドメイド | Trackback | Comments(0)

クラシックブラウス


b0128589_11321070.jpg
2枚目のピンタック入りの服が出来上がりました。
polka dropsさんの
クラシックブラウスの型紙です。


前の大きいヨークはピンタック、
小さいほうにはレースを縫いつけてみました。
前回は、ピンタックがヨレヨレ。
今度は少しうまくなりました。




それと、先日ボタン箱の中から見つけ出していた4個のボタン。
この服におさまりました。
型紙ではボタン5個だったけれど、どうしてもこの4個しかないボタンを使いたかった。
出来上がってみると、バランスは悪くないかも。
[PR]
by ume-no_ivory | 2009-06-11 11:45 | ハンドメイド | Trackback | Comments(2)

マンホールの蓋


b0128589_14394964.jpg下関の下水道のマンホールの蓋です。

先月、下関ではいろんな物にフグ模様が使われていると記事にしたら、マンホールはウソでしょ!と言う友達が。

← 証拠写真。

他にも、ゴミ袋とかいろんな物にフグちゃんがついています。
次回帰省した時は〝フグコレクション〟してきまぁす。
[PR]
by ume-no_ivory | 2009-06-09 14:49 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

ボタンの本


b0128589_1353482.jpg
ボタンの缶を記事にしたので、
何となく頭の中に
ボタンが渦巻いていたのでしょう。

近くの図書館で、
素敵な本を見つけました。




ボタンをテーマにした本が何冊かあった中で、
とても可愛く数多くのボタンたちが並んでいたこの本。
ボタンの歴史や、お店、使い方など、いろんなことがわかります。
とにかく、眺めているだけで幸せな気分になる本です。

b0128589_1442454.jpg
b0128589_1444376.jpg
[PR]
by ume-no_ivory | 2009-06-05 14:11 | ハンドメイド | Trackback | Comments(0)

大切なボタン箱


b0128589_15561598.jpg
母が大切に持っていたボタンの入った缶。
祖母が着ていた服についていたものもあって、かなり昭和の匂いがただよっています。
母が亡くなってから14年たつのですから、この中身はほとんどそれ以上の年寄りボタン。
糸や安全ピンで種類毎に束ねているのも、昔のままにしています。

私が手作りや古い物が好きなのは、身の回りの物は自分で作ったり手入れしたりしていた母や祖母や伯母の影響。
ボタンが必要な物を作ろうと思うときは、必ずこの中をチェックして、めったに新品を買うことはありません。

b0128589_1672926.jpg
久しぶりに服を作ろうと思い、それに合うボタンを選びました。
同じような白いボタンでも、
こんなにいろんな表情があります。






b0128589_1654731.jpg
今回は、桜のようにカットが入った貝ボタンに決定。
よく開けてみているのに、
こんなに可愛い物が入っているのに気づきませんでした。
缶を開ける度に、宝探しのようです。
[PR]
by ume-no_ivory | 2009-06-03 16:28 | ハンドメイド | Trackback | Comments(6)